キリスト教の神はノアの時代に洪水を起こして地上の生き物を全て殺した後にこの様に言っています。

宗教 | 哲学、倫理45閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

キリスト教の神は、幼稚な人間が創造した架空の存在だからです。

0

面白いです。 ペテロは、「炎で滅ぼされる為に残されてる」と言ってます。こちらの立場に立つと、引用聖句だと「水に寄って、滅ぼさない」と理解出来ますね。 引用聖句の立場に立つと、「終末」は 人を原因としない裁き… 人を滅ぼす為ではない… 等、「終末」に対する考えが絞られてきそうですね。 仰る通り、終末には人を滅ぼす為では無く、「サタン」が滅ぼされる事にあるんだと思います。 黙示録には、信じない者を「獣」として扱ってます…っもし、その様なら、「信じない者」の消滅も…引用聖句には反していない事になります… 御心は、「全ての人が、キリストを信じる事」です。数多くの信徒の為にも、忍耐を持って「終末」を遅らせてるのかも知れません。 回答にならず見ません。自分達の「なすべき事」に気が行ってしまいます…

0

旧約聖書にて ノアの洪水にて地上の生き物を殺した後に言った「人」とは 全人類のことではないことになります。 あくまでも「神に選ばれた人」「神に認められた人」のみです。 そうでないと、審判の否定になってしまいます。

1

キリストの神ってガリガリで弱そうだよな笑

1人がナイス!しています