腹膜透析についての質問です。血液透析と比べ、患者の負担は少ないはずなのに、日本ではそれほど普及していないと聞いています。

ベストアンサー

0

ご連絡に感謝申し上げます。ところで腹膜透析者の人数などお判りになりますか? 情報の出展先もお教えいただけますれば幸いです。よろしくお願いいたします。

その他の回答(3件)

0

毒素量の取れる量が少ない、つまり効率悪いし(あまり身体によくない)、腹膜は5年10年と出来る期間も限られますので、いずれ血液透析に移行しなければなりません。 腎不全は一生治ることがないので、血液透析移行は必須です。移植は可能性はゼロじゃないですが受けられる確率は非常に低く、受けられても必ずうまく行って一生腎臓がもつとも限りません。 腹膜透析は腹膜透析用のカテーテルがお腹から常に出てる状態なので、感染もしやすいし、腹膜硬化症なども起きやすいと言います。

ご回答ありがとうございます。腹膜透析者の人数はどのくらいかご存じでしょうか?またその割合は血液透析者と比べてどのくらいでしょうか?情報の出展もお教えいただければ大変ありがたく思います。よろしくお願いいたします。

0

感染症のリスクが大きく、透析効率が劣るので、腎機能がまだ残っている人向けですね! それに夜中APD対応なのは高齢者と小柄な方のみです。 男性で体格のある方はAPDだけでは透析量が足りず、日中手動交換が必要ですし、通院も月1なので、異変に対応が遅れて最悪腸閉塞起こすリスクがあるからです。 腹膜透析から血液透析移行者は、皆さん最初から血液透析にしとけば良かったと聞きます。

ご連絡に感謝申し上げます。日中手動交換とは夜間のみならず日中でも短時間での透析をするということでしょうか? 月一の通院の意味はその日中の透析に自宅ではなく病院で行うということでしょうか?それとも自宅透析がうまくいっているかどうかの検査をしてもらうためでしょうか? 腹膜透析患者の人数は何人かお判りになりますか?よろしくお願いいたします。

0

おっしゃるとおりです。血液透析は三日に一度程度の 通院が必要であり、治療に要する時間もかかるので 負担だと思いますが、腹膜透析よりも安全性で数段 優っていると思います。