新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

ジョセフ・バイデンが菅義偉(すが よしひで)首相を「ヨシ」と呼ぶなら、菅首相もバイデンを「ジョー」と呼ぶしかない。

政治、社会問題 | 英語20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

その他の回答(1件)

0

温暖化原因は二酸化炭素です。 https://youtu.be/VGWzksHmP4w 日本政府のページ↑二酸化炭素が原因と解説してます。 どの国も同様に二酸化炭素と言って動画解説が出てます。 二酸化炭素は一万年以上留まるから深刻で、二酸化炭素削減しかありません。 更に一人っ子政策を世界中の人口増加してる国は行うしかありません。 二酸化炭素をかなり減らすのは今でも実際できます。 電力会社を再生エネルギーをほぼメインにしてる会社に切り替える。どの家庭でも今直ぐにインターネット上10分間で行えます。電気代が安くなったと喜んでる方もいます。 お風呂をガスを使ってる場合、お風呂を温める電熱せん(2万円位)を買って電気で温める。この方が半額でお湯が沸くと喜んでいる方もいます。お風呂だけでも日本の家庭部門二酸化炭素排出を約30%削減出来ます。 普段移動は、電動バイク等を使う、充電は、家の再生エネルギーで行う。 ゴミは全てリサイクルに出す。 これで、家庭部門はかなり削減と思われる。以外と日本人環境ならどなたも今直ぐに出来ます。 企業部門は、例えば佐川急便はEV車に替えますが当然のことです。 しかし、日本人が減らしても、二酸化炭素を出しすぎが原因なので、インドは増やすとか、中国が世界の30%出してるのが原因です。黄砂を見ても、そもそも温暖化で住めなくなるのはインドと中国なので、止めるように各政党問い合わせに皆さんが申すのが重要です。 温暖化は中国は住めなくても日本は住めるところで止めないといけません。そのためには、日本も、ヨーロッパと同様に、中国に対し、莫大な国境炭素税を設けることしか方法はないのです。今の政治家は賢明になることは必要と思われます。