今の特撮と昭和の特撮で特に違いを感じる部分って何を思い出しますか・・・?

特撮 | 日本映画43閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます! 予算や時間をくったら干されちゃうそうですしね。 戦隊もライダーも監督業たまったもんじゃないですね。

お礼日時:4/18 20:06

その他の回答(7件)

0

昭和の特撮番組は悪の手にかかって命を落とす人が大勢いたけど最近は敵を倒すと犠牲者も元どおりになるような展開がお約束になりましたね。

2

昭和の特撮シーンはチャチいというけれど それは、視聴者の子供もチャチいのはわかったうえで脳内咀嚼で整理をしていた。 そのチャチいプロップとはいえ当時玩具としては身近な市場には無く あっても、これまたチャチい駄菓子屋のおもちゃだから、番組のそれが喉から手が出るほどほしかった。 今は、玩具の精度もよくなり市場で販売している高価な玩具をプロップに使用しているようで興醒めしてしまう。シーン作りもCGとはいえ予算内の制作だからチャチいCGでごまかされているという事がわかる。 子供の目はごまかせない。 だいいち、大手玩具メーカーがスポンサードした番組は昔から面白くないというジンクスがある。 そういう意味では、今の特撮は面白くない、内容も薄く似たり寄ったり。 それでも平成、令和のリアル世代は今の出来栄えが当たり前。 特撮テレビ番組だけでなくハリウッド映画にしても昔と今とでは違いすぎる。 大きな違いは戦争経験がある監督、スタッフ陣と、戦争を知らない戦後生まれでは、エピソードやシーン作りの演出の迫力が違いすぎる。 また世の中のシステムも大きく変わってしまった。 赤字になろうが、より良いものを真面目に作ってやろうという気概の様なものは今の番組の画面からは感じられづらい。

2人がナイス!しています