昭和の頃の飼い犬のご飯は「ご飯に味噌汁をかけたもの」だったって本当ですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

11

11人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん。教えてくれてありがとうございました。 大変勉強になりました。

お礼日時:4/23 18:56

その他の回答(22件)

2

うちは麦飯にイワシを入れて炊いたのを犬にあげてました。 猫にはご飯に鰹節をかけたのをあげてましたね。 人間の食べ物もたまにあげてましたが毒だとは思わなかったですね。

2人がナイス!しています

1

リードで繋がれず 放し飼いも 珍しくなく 首輪をしていれば 飼い主がある子 首輪が無ければ ノラ とにかく 自由恋愛が許されてましたから 当時の家屋は、縁の下に自由に出入りできましたから そこで、子犬が生まれ 運の良い子は、 人にもらわれ 後は 野良犬でした。 高度成長期から お座敷犬がもてはやされ そんな頃から ドッグフードが 出始めて 今に至ります。 肥料 飼料会社か発売した物で 「ビタワン」 この企業は、肥料から 始まった会社でしたよ。 いまでは、 犬は、冷暖房完備 月一トリミングサロン通い 保育園も有り ドッグフードも ピンキリ 獣医師も、家畜専門が、犬猫を 診るのでなくて 専門的区切りのありますクリニックもありますよね。 この半世紀で、進歩しましたよね。 残飯を頂く 番犬から お誕生日には、バースデーケーキ おせちや、オヤツも 充実してる ワンコ様は、 家庭の 幸せの象徴の様な存在です。

1人がナイス!しています

0

昔はドッグフード、キャットフードは余り出て無いような・・・ うちもねこまんまでした。 ねこのトイレも広告をちぎってました。 今では考えられ無い。 今は猫砂を使ってます。

1

ホントですよ 猫はご飯に鰹節をかけただけを食べてました

1人がナイス!しています