ID非公開

2021/4/21 12:11

88回答

最近若い人が人に威圧されることを「あいつはすぐ人にマウントしてくる」とか言いますが

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

そういう言葉は昭和には無かったですね。 マウンテングという言葉がありますが、意味は動物の優位関係を示す威圧的行為を表すもので、具体的に言うと、オスがオスに対して、性行為のように上に乗っかる行為のことです。

1

格闘技では昔から使われていたと思いますよ。 プロレスとか、フルコンタクトの空手とか。文字通り、上に乗っかって動きを封じる事ですけれどね。言葉尻を捉えてマウントしてくるとか言うようになったのは最近です。 ”上から目線”なんてのも同じです。”パワハラ”なんて言葉が出てきてからじゃないですかね。これらの言葉を使うようになったのは。

1人がナイス!しています

1

そう言う言葉は昔はありませんでした。それで意味とか使い方も良く分かりません。私は。

1人がナイス!しています

1

マウント…、 プロレスのマウントカウントダウンと思った。 調べました。 マウントとは…、 人類を含めた哺乳類が、相手の上に向かい合った状態で馬乗りになる、乗りかかる行為を指す。 登る、乗る、またがるを意味する“mount”が由来。 マウントを取る行為は、自分の優位性をアピールすることを意味する。 その延長で、容姿や仕事、お金や恋愛について話す様々な場面で、互いに“格付け”し合い、相手よりも上に立とうとする言動や行為の全般を表す。 何でも横文字を使えばお洒落に見えるの? アメリカ人に通じますか…、

1人がナイス!しています