ID非公開

2021/4/21 15:18

66回答

プロのカメラマンはいつも写真論を戦わせているのですか。飲み屋でも写真とは何かを追求するんですか。

ベストアンサー

3

ID非公開

2021/4/21 15:55

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

写真芸術論は「のん気」な話題なんですね。大人の人たちには。

お礼日時:4/22 17:34

その他の回答(5件)

0

別にいいんじゃないでしょうか。 そもそも意見が同じ人同士で傷を舐めあうだけなら議論も始まらないし、知性や思想は育たない。 お互いリスペクトがあれば良いだけので、不満を否定というかたちにするのではなく、まずは(自分とは考えの違う)他人に自分の意見をぶつけてみてはどうですか?

2

私はカメラマンですから芸術家では有りません。 どうしてもカテゴライズするなら職人です。 飲み屋では撮影に仕込んだネタのバラシ合いはよくします。 例えばビールを飲んでいると、撮影時にクリーミーな泡にする手品の方法の違いを話したり、メニューの写真を見ながら「酷い写真だね、飲み代タダにしてくれるなら撮っても良いよね」などとたわいも無い話をしています。 周りだけかも知れませんが良いカメラマン仲間に恵まれています。 撮影技術の話はしますが、写真論なんて誰も持ち出しません。

2人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

2

あなたの質問と何が違うのですか。

2人がナイス!しています

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

1

そういう風に質問するのって昼頃のワイドショーレベルなのでは?

1人がナイス!しています

0

そうですね。 哲学論の様な事を徹夜でも禅問答の様にアツく語り合いますよ。 それは間違いない処かな。 大体芸術家は、そうだと思いますよ。