小4の勉強方法。中学受験にむけて自宅で勉強しています。某教育会社の教材をつかっています。四年生から急に暗記ものが増えました。

中学受験60閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的な回答ありがとうございました

お礼日時:4/23 6:48

その他の回答(5件)

0

うちは小5の途中からの通塾で、それまではZ会の教材で親が教えました。 小4でそれらを暗記するのは、基本中の基本かと思います。 こんな早いうちからいきなり暗記させるのか。 そんなの忘れちゃうから無駄だ。 という感想はごもっともではありますが、 今からどんどん詰め込んでいかないと、後がつかえています。 たとえば社会なら、まず地名(山や川も含めて)を覚えて、 その後に覚えることも膨大なんだけど、 基本的には地名が関わるような分野ばかりです。 各土地ごとの主要産業とか、日本の歴史とか、それから政治系のこととか、 どんどん入れていかないとならないわけで、 地名があやふやだと、その後で覚える全てが宙に浮いてしまう。 実際には、次の段階(例えば主要産業とか)を学ぶ時の授業では、 さらっと「はい、この地名覚えているかな~」程度に、 軽い復習っぽい内容に触れてくれるかとは思うんですが。 理科はまぁ「植物の構成物が全ての基本」とかではないけれど、 今後もどんどん各種覚えないと、何も始まりませんので、 「今はまだいい。どうせ覚えても忘れるから、今は別のことを」 とはいかないのが実情です。 ということで、丸暗記は大事です。 その後の知識を学ぶ上での大前提ですから。 実は子供の若い脳の方は、結構暗記できちゃうものです。 大人になるとダメですけどね・・・。 まぁあまり力み過ぎず(親が)、 忘れたらまた覚え直しなさーい、程度に抑えつつ、 本人が、覚えやすい方法を模索する感じでいいと思いますよ。 実は家で詰め込もうとするとかなり難しいけれど、 集団塾で、仲間にもまれて伸びるのは、こういう分野だと、 個人的には思っています。 我が家の場合、小4時代に家で無理やり押し込むよりも、 小5以降に、塾でワイワイと仲間と騒いで暗記するほうが楽だったらしい。 ちなみにその本人は、もう成人しておりますが 「中学受験での暗記は、大人になってから見直すと、 ごくごく当然の常識的な範囲のことばかりで、 どれも知っていて当然のこと。 早期のうちにそれらを覚えておいて、良かった。 その知識を基に、あれこれ仲間と討論しまくったり、 さらにあれこれ調べたりできたので」 みたいな感じのことを言っております。

0

ID非公開

2021/4/22 9:34

うちは通塾でしたが、同じように理社の暗記を早くからやらせるのには疑問があったのと、もともと暗記が苦手なので、小4の間は国算の二教科だけでした。 小5から理社を始めましたが、それでも覚えたそばから忘れて行く状態で、結局小6の後半でもう一度やり直しました。 理科社会が好きで、暗記が苦でないならぜひ早めにやった方が良いですが、そうでないなら小5からで十分間に合います。おっしゃるように、特に社会は習っていなくても漢字で書かなくてはならないので、4年生だとちょっと難しいです。 うちは小6の後半、それも過去問演習に入ってから、最低でも基本事項を覚えていないと合格しないことを本人が実感し、そこからスイッチが入ってあっという間に覚えました。 ずっと志望校には80%合格判定が出ず、ちょっと足りない状況だったのですが、理社が最後に劇的にアップして無事に合格にたどり着きました。 私は中学受験は結局算数勝負なのと、入試問題が思考力や読解力を必要とするタイプが多くなっているので、最初は理社よりも国算に力を入れた方が良いと思っています。 特に算数は「ちょっと得意」なくらいの状態で小5を終えるような感じでないと、応用に入れませんし取り返すのが大変です。国理社に苦手がなければ良いのですが、そうでない場合はもう算数に掛かり切りになり他に手が回らなくなります。 お子さんの得手不得手によりますが、算数が得意なら理社は後回しでまったくOKです。そうでない場合でも、理社よりも今は国語に力を入れるべきではないかなと思っています。算数がいまいちでも国語が得意なら、小6辺りから違いが出て来ます。実際の入試問題はどの教科も問題文自体が長文化しているので国語力が必要です。

回答ありがとうございます。国語、算数が好きなんです。丸暗記というのが苦手なようです。丸暗記!は後回しという気持ちで少しずつ嫌いにならないようなペースでやってみます。

0

うちは4年生Z会、5年生から通塾でしたよ。 他の習い事やスポーツ、地域の理由などで、そういう子も意外と多いです。 地理用語や、理科用語、固有名詞を漢字で暗記していくのは、中学受験の基本中の基本です。 習ってない漢字でも、固有名詞は「漢字で書きなさい」と言われる場合も多いので漢字で覚えます。 それを今から始めて、3年間かけて繰り返し、完璧にしていくんです。 他の科目と一緒に、後回しにはせず、必ずやっていかないと!! 5、6年で覚えることはどんどん増えていきますから、いまはすぐに覚えられなくても、いまから覚えないと間に合わなくなりますよ。 暗記問題は、思考させる問題ではないので、ひたすら覚えていくだけです。 覚え方は、語呂合わせなどもありますが、うちの子はそういうのが嫌いだったようで、普通に覚えてました。(元々漢字に強い子) 地図を眺めるのが好きな子は地理暗記問題に強いし、河川や山脈なんてすでに知っているかも。 例えば戦国歴史などに強ければ5年以降に日本史学習し始めたときに楽に学習できます。 うちは、男子ですが、地理や歴史は低学年から好きでしたし、趣味で歴史本も読んでいたし、大河ドラマも欠かさずみていました。 理科は単元により、地学分野は強かったけど、興味がない植物など嫌々勉強してましたけど。 5、6年生になると通塾で忙しくなり、生活の中で学ぶ時間が限られてきてしまいますから、余裕のある4年生(それも家庭学習)のうちに少しでも興味ある分野はさらに鍛えて、苦手なものがないよう、生活の中でどんどん覚えていきましょう。 新聞は一般紙を読むとか、テレビもNHKニュース、歴史もの、クイズ番組、池上彰さんの番組などをどんどん観るように。

0

ユーチューブに受験にも使えそうな小学生向けの良い説明動画がたくさんあります。 親がどの動画を見せるかのチョイスをしてください。テキストは復習の意味で使いましょう。

0

とりあえず、通塾させましょう。そうすれば中学受験を考えている子供たちが、どのような勉強をしているのか認識できると思います。