ID非公開

2021/4/25 14:51

44回答

歴史の教科書に

歴史 | 日本語61閲覧

その他の回答(3件)

0

「○○の名において」で使われる「名」とは「世間によく知られ、認められている価値」のことです。 (例)(ミロのヴィーナスの両腕が完全に復元された場合)ぼくは一種の怒りをもって、その真の原形を否認したいと思うだろう、まさに、芸術というものの名において。(清岡卓行『手の変幻』) 「天皇の名において」は、時の政府が、国民の誰もが従う天皇の権威を利用して、「これは天皇陛下の御意志である」という名目で中央集権国家を目指したということです。

0

幕府から「大政奉還」を受けた、明治天皇が欧米諸国に追いつくため中央集権国家を求めているように世間に広めます。 世の中の形を薩長土佐肥前の主張に応じて変えています