プラスチックゴミを減らそうという動きが活発ですが、プラスチックを燃やしてもかつてのように有害物質を放出しない技術ができているのに、なぜ相変わらずプラごみを減らそうというのでしょうか?

ベストアンサー

0

ご回答まことにありがとうございます。co2を46%削減というおぼろげながら見えてきた目標の件はさておいても、国内で出たゴミくらい国内で解決するべきですね。

その他の回答(2件)

0

高温で焼却したり灰を高温処理してダイオキシンを出さない、焼却エネルギーで発電をするなどのシステムがあることによって、焼却施設の建設コストは1センターあたり数百億円規模になっています。焼却炉を一つ増やすと100億円とも言われているので、ごみの減量は、自治体の喫緊の課題となっています。 一部で、プラスチックを燃やせる焼却炉になっているから、プラスチックを減らしたり分別などせず燃やせばいいという考えがあるようですが、間違いです。

ご回答まことにありがとうございます。 さして問題解決にもならないビニール袋削減とかエコ活動のPRなどにお金を使うくらいなら焼却炉を作る方がましな気もしますがとにかくプラスチック製品が多すぎるんでしょうね。

1

塩素系のフイルムは燃焼時にダイオキシンガスを発生します。 環境ホルモン破壊と地球温暖化要因の一つ。 パッケージは多層構成になっており印刷インキや接着剤、 アルミなど複雑なものになっています。

1人がナイス!しています