ID非公開

2021/5/1 14:40

44回答

東日本大震災の時に、円高ドル安が進んだのは何故ですか?それによって不況になり、円安が進むのではと思っていました。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

テレビ報道などでは日本の大企業が一旦資金を戻したためだと言われています。 私は個人的に民主党に政権交代したための、ヤクザの民主運動だと思っています。

0

>東日本大震災の時に、円高ドル安が進んだ 月足を見てもらえば分かるように リーマンショックからの下落基調が何もなかったかのように継続しています 多少上下にひげが伸びてはいますがただの途中経過で、何かのきっかけになったようには見えません 直にドルや円通貨の投資だけでなく 為替で様々な物品サービスの売買やリスクヘッジの実需など 色々な要因はあると思います。 一つだけ言えると思うことは日本の事情など海外は我々「日本人が思うほど」関心が無いということです 極東、遠い東の物語なのです 同じように香港やインド、ヨーロッパで起きていることをマスコミは一部しか報道しない、それは日本人が興味が「それほどない」他人事だから それよりも紀州のドンファンの事件の方が興味があるのでしょう

0

>東日本大震災の時に、円高ドル安が進んだのは何故ですか? 確かな理由は誰も知りません。 当時、テレビを見ていたら、ある経済アナリストが、 保険会社のほとんどが米国債で資金運用をしている。東日本大震災が起きたので、今後、巨額の保険金支払い(日本円)が見込まれる。それに備えて、運用していた米国債の売却がいっせいに起きた。 おそらく、そのドルを円に換えたために、為替市場で大量の「ドル売り円買い」が起きたのであろう…と解説していたのを思い出します。 また、次の説も有力です。 シカゴを中心とする多くのヘッジファンドが、上のシナリオに乗って大量の「ドル売り円買い」を仕掛けた。 ただ、それぞれのヘッジファンド運用担当者が互いに連絡を取り合っていっせいに同じ行動に走ったわけではなく、ドル円市場の異常な動きを見ていて、「今、ドル円市場でどのような仕掛けが行われていて、これから市場で何が起きようとしているか」が容易に予測できたので、皆がいっせいに同じ行動(大量のドル売り円買い)に走った。 ●2011年3月のドル円日足チャートです。↓ https://www.mql5.com/en/charts/13862724/usdjpy-d1-tradexfin-limited >それによって不況になり、円安が進むのではと思っていました。 多くの人が同じように考えていたと思います(当時、私もそう思いました)。