給湯器の点検を、メーカー側が断ってくることってありますか?

賃貸物件 | 消費者問題40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

メーカーにも確認したところ、やはり点検依頼を断ることはないとの返答でした。 その旨管理会社に伝えたところ、180度態度を変えてきて、結局会社の費用負担(オーナーとの契約上)で点検してもらえることになりました。 皆さまご回答本当にありがとうございました。 管理会社の嘘を的確にご指摘された岩魚釣師さんにBAを差し上げたいと思います。 この管理会社がいかに信用ならないかが今回の件で分かりました。

お礼日時:5/11 15:23

その他の回答(4件)

0

Merusundyさんのおっしゃる通りですね 強制力ありませんので 大家が断ればそれまでです しかし スルーするよりも まともな不動産屋なら 大家にも点検を勧めます 点検する方の方が多いと思いますよ メーカーが来れば 勿論料金もかかります 何もしない事などありません 簡単な点検や掃除などはしてくれます 水漏れや異音異臭 燃焼状態 明らかな劣化があれば説明し 修理や交換などもすすめると思いますが 基本 機械類は みただけで どこが壊れるか予測などできません 見た目劣化がひどく ぼろぼろ 異音などあっても そのまま5年10年故障もなく使える事もあれば 見た目は奇麗で問題なさそうでも 突然壊れる事もあります また 10年前後で故障などではじめますが 10年で交換される方はまずいません 平均的には13年程度で故障し交換される方が多いと思います 正直 10年の点検は あまり意味はないと思われます しかし ガス機器などは危険を伴います 実際 内部焼損 爆発など起こす事もよくある事です 火事 大事になることはまずありませんが 私自身も 爆発火事になりかけた現場 内部焼損の機器など腐るほど見てきています あまり無理して長く使うのは勧められません また TAKEのように 知識も技術もないい加減な設備屋も多いのが現実です 平気で大嘘を書いて 正しいと思い込んでる脳みそ足りない人間もいます いい加減な施工や修理により 機器の故障不具合が起こったり 故障ならまだしも 焼損や爆発 火事 死亡事故につながることもあります 賃貸の場合は 大家が決めるので仕方ない 住んでる方はどうにもできません メーカーの点検や修理は高いです ですから できることなら ちゃんとした知識技術のある会社で機器の交換などして アフターサービスも見てくれる親切な会社を選ぶ 後々の事をいろいろ考えるといいと思います 建築会社や設備会社 特に給湯器の会社は 呆れるようないい加減な会社が多いのが現実です 手抜き工事違法工事など当たり前のようにして プロです!などと言い出す 堂々と手抜き工事違法工事の写真をHPに載せたり 金しか頭にない人間ですね 最近も アパートの外階段が崩れて死亡事故もありましたね 木は腐る 素人馬鹿でもわかることがわからない 平気で手抜き工事違法工事をする会社 TAKEのように 自信もって嘘を言う 気が狂ってる人間が多いのが現実です 皆さん気を付けて下さい TVのCM 大々的な広告営業などしている会社は要注意ですね ほとんどが 金儲け しか頭にない会社です

0

給湯器メーカーは点検を推奨してきます、が強制はしてきません。 製造メーカーは所有者に対して点検を通知する義務があるのみです。所有者は点検を行う努力義務が発生しますが罰則等はありません。 っていうのは対象機器が特定保守製品の場合の法定点検であり、おそらく質問者様の場合は外に設置してあるタイプのガス給湯器ではないでしょうか? その場合あんしん点検になるので、そもそも点検の義務も強制力もなく、任意です、簡単に言うと。 で、点検を受けるかどうかを判断するのは使用者ではなく所有者なのでオーナーさんが判断します。故障してるわけでもなし、点検後の不具合を保障するものでもないです。 オーナーが点検の義務がないならやらないといえば、管理会社は入居者へ点検の必要はないのでやりませんというでしょう。 実際賃貸の場合はほとんどスルーです。一部の大手ハウスメーカー系の賃貸か、よっぽど住設を気にしている大家さんのいる物件くらいですね、点検受けるのは。 メーカーが点検は必要ないとかそういう発言は原則しません。 問い合わせれば点検を受けてくださいというだろうけど、絶対に受けないといけないのかと聞けば義務ではない、強制ではないという回答になるかと思います。

1

通称、買い替え促進サインですね 点検も有償になるので、オーナーがお金ケチったのでしょう

1人がナイス!しています

0

メーカーではなく販売代理店ではないでしょうか?とすると有り得なくもないとは思います。人員も少ないでしょうから人手が空いていないと緊急性のない事案は良し悪しの問題はありますが、現実問題として後回しにすることはあります。それに点検で不具合が見つかることはほとんどありません。点検した時は異常なしでも翌日にいきなり壊れることは珍しくありません。点検っていっても除き穴から正常な炎(青くまとまった火)か見る程度がほとんどです。ガス漏れは「においがしませんか?」ってこっちに聞いて終わりです。賃貸オーナーやっていますが、設備(給湯器含む)の故障連絡が入る時に聞いても、最近調子が悪いという話は聞きません。いきなり壊れたということをいわれます。できるだけ早く対応するため新品に交換するのですが手配品到着まで騙し騙し使ってもらうこともできず、2~3日迷惑をかけることがあります。みなさん理解してくれるので助かっています。日本製品の品質が良いから起こる現象なのでしょうか、給湯器の場合寿命がくるといきなり壊れる(お湯が出ない)ので新品に交換する決断が早くできるメリットはあります。