知り合いがデザイナーとして起業したのをきっかけにHPを作って頂くことになりました 初めのロゴ作りから苦戦しております

ベストアンサー

0

的確なお返事ありがとうございます 求めるタッチ、雰囲気のサンプル画像、ラフ画は見せております… しかしながら一致せず… 相手が悪いわけではなく単にセンスや好みが噛み合わない…のかも… せっかく依頼したならば起業された方の引出しから出てくるまで…と初めは思っていましたが、もしかしたらずっと一致しないのかもと思い 相手の時間や労力も割いてしまうと思うと なんて言っていいのか…無しにした方がお互いいいのかと悩んでしまい しかしながら、見積もりは頂いてますが今まで提案してもらった分の支払いみたいのはどのようにしたらいいのかなど… 知り合いだけに断りづらい状態です…

ThanksImg質問者からのお礼コメント

新味になってご解答頂き誠に感謝申し上げます。全く解決ならないままの現状なのですが、一旦ベストアンサー様に選ばせて頂きます。また同じような…続きのようなことを質問してしまうかと思いますが、もし目にとめて頂きましたら、アドバイスお願いしたく思います。 本当にありがとうございました。

お礼日時:5/11 23:00

その他の回答(3件)

1

一般的には、手直しは何回まで、というような取り決めが先にあるものなので、今回のような場合だと、所定の回数まで手直しして、デザインに納得するかに関わらず成果物を納品して契約完了とするのが、社会通念上の請負契約だと思います。 正味では、デザイナーの技量が足りない、特定のトンマナでしかデザインできない、という原因があるものだと思いますが、契約不履行の原因にはならないので、どうしたものか、という感じでしょうか。 結局、それで代金を払わなければ揉めるし、払えば泥を被ることになるし、というのは、発注失敗のよくある光景だと思います。 一番良いのは、相手から無理でしたと言ってもらうことなので、安易にやり直ししてもらわずに、事業にマッチするデザインではなく、実際に掲げることもできないことを伝えて、不得意なイメージに見えるけど、どう?とか、不経済になっているように見えるけど続ける?などと、聞いてみてはどうでしょうか。 それで、不得意なので今回はすいませんと言ってくれれば、そういうデザイナーに発注してしまった側としては、ラッキーでしょうね。

1人がナイス!しています

詳しいご説明ありがとうございます やり直しは何回まで、という契約はなく、納得のいくまで、とは言われておりますが…やり直しやり直しで、相手の方も疲れているのではないかな、自分も頭から離れなくなりラフ画を描いてみたり…と少し疲れてきてしまいまして… 正直なところ、自分のラフ画をきれいに書き直して送って頂いても、うーん、なんだろう…と考えてしまったり… 相手の方から、さすがにやり直しが多すぎるので、辞めますと言うものなのか、 それならそれでいくらかお支払しなければならないのではないかと考えたり… 言葉を選んでいまいちど新しい案を出してもらうことにも、申し訳なさと、疲れが同時にあり… 何回までと決めなかったことがいけなかったのですね…

0

勉強なので何度もやり直ししても大丈夫ですよ

ありがとうございます 本当申し訳ないと思いながら何度もやり直して頂いているのですが… 自分でも何度かラフ画を書いて送ったりしていて 少々疲れてしまって… そして、相手の方にも悪いという気持ちも存分にあり…

0

センスや考えが合わない事は、どんな事でもあります。 好き・嫌いではなく合わないのだからどうしようもないです 早めに切った方がいい そうでないなら、こちらの要望を明確に伝えてください

ありがとうございます センスが合わない事は…当然ありますよね… 分野も違ったりと… そこをどうにか何度も(7回以上のやり取り)説明したり、このような…とラフ画を送ってみたり画像を引っ張って送ってみたいしているのですが そうすると、そのままの状態に少しアレンジした提案をしてくれます 相方は、相手の引出しを広げてもらった上での提案をというのですが… 何度となく相方は頭を傾げてしまいます もうHP作りは諦めようかとも思ってしまったり… 色々お互い提案を出しあい一致しないことに疲れてしまい…