回答受付が終了しました

ID非公開

2021/5/3 17:29

88回答

頭の良い人の共通点として本を沢山読んでいると聞きますが、ここでの本は主に小説ですか?専門書(学術書)だけを趣味としても読んでいる人も多いですか?

読書 | 一般教養95閲覧

回答(8件)

0

頭のよい人の共通点は、読書ではなく、わからないことをその都度調べる癖を持っている人だと思っている。 頭がいいかどうかはかなり怪しいが、僕自身は趣味の読書は、小説よりも学術書のほうが面白いと思っている。哲学、心理学、宗教学、物理学、神秘学、精神病理学。しかし、それだけということはない。小説も読めば、漫画も読むし、週刊誌も読めば、広告もしっかり読む。いろんなものを読む。但し、ビジネス書は唾棄すべき腐敗した書物だと思っているからまず読まない。 近年の小説にも吐き気がするような気持ち悪いものがけっこう多い。行間に作者の性根のいやらしさが出ていたり、魂のこもっていないダラダラの作品は多い。あんなものが何が本屋大賞か直木賞かと思うことはよくある。破って捨てる。燃やしたいところだが、燃やす場所がないので我慢してやっている。

0

学業や仕事で尊敬している方はブルーバックスやビジネス書などの専門書類をよく読んでいる印象はあります。 私は歴史や古典、美術などにも深い知識を持つ謙虚な方の頭脳は本当に凄いと思います。 ただ、なにをもって頭がいいということになるのかに迷ってしまい、まず前述した点から書きましたが、EQやPQが高い方が国内外を問わず小説をいつも読んでいる姿を見かけていますので、主に小説を読んでいる方にも頭がいい方はたくさんいらっしゃる気がします。 頭の良さはお勉強とお金儲けだけではなく、人間としてどのように生きるか という事を考えて生きられる方も私は頭の良い方だなあと感じます。

0

1.頭がいい人は基本的に読解力が高いです。なので、例えば数学などの長い問題でも何を言っているのかを的確に読み取り、太刀打ちできます。読解力があるということは今は読んでいなくても、少なくとも幼少期には本を読んでいたと考えられます。 2.専門書を読んでいるからと言って、知識がついていかなければ、意味はないですし小説などの物語のほうがとっつきやすく、読解力もあがりやすいのではないでしょうか?

0

イメージとしては専門書ですネ 小説のたぐいは知識の吸収というよりは、むしろ息抜きのために繙くような……

0

小説から読み始めた人はあとから必ずノンフィクションに移行するって聞いたことがあります。 私もそうでしたが、結局また小説も読み始めるんですよね。