ID非公開

2021/5/3 17:31

55回答

静岡県内を新幹線で通っていて思ったのですが、なぜ静岡県の大河は川幅が広い割に水が少ないのですか?

国内 | 地学25閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

静岡県の大きな川、高山から流れ落ちてきて、扇状地から河口までの河川勾配が緩やかになって、大きな石や砂利が表面を覆っています。 そのために河川表面を流れる水量よりも伏流水となって海に流れる水量も多くなっています。 話しはそれますが、香川県の一級河川の土器川は、中流域で河床が砂地盤で表面には砂利や転石になっているため、また瀬戸内海気候もあり降雨量が少ない関係もあって、たびたび溺れ川となり、それを瀬切りと言います。

0

洪水のために必要、となるのでしょうね。 河川、通常時は水量が少なくても、洪水時には非常に多くの水が流れます。通常時の1万倍、あるいはそれ以上になるようです。それだけの差があると普段はわずかですね。

1

流れが速いからだと思います。 静岡県内を流れる川の多くが,河川勾配が大きめなので,流れが速くなっています。 流れが遅いと,川の断面積が広くないと同じ水量になりません。 河原の幅は,洪水の時の状態で決まると思います。

1人がナイス!しています

0

上流のダムでせき止めているからです。アホな静岡県知事はその事は棚に上げ、リニア反対などとほざいています。