飛び石の打ち方についてですが

日本語 | 美術、芸術10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

jijさんによるとAパターンも実在してるらしいんですが やはり室生さんの庭園直接覗いた方が一番手取り早いですね 以前としてその二分の三の意味がいまいちですけどやはりBの方が一番納得いきます もしかして 「二分の三」というのは もともとの短冊石の長さを1とする場合 横に0.5ズレるので幅が1.5に増えて二分の三じゃないかと思います yahoo3roさんの描いた図からなんとなくそう思いついただけですが

お礼日時:5/10 9:02

その他の回答(1件)

0

室生犀星さん、間違えたのではないでしょうか? 「食い違い」というのはズラシて並べることであり、二分の三強ですとお書きになっているように、2本の石の間が離れてしまいます。 下に添付のURLのWebページでは、神事の紙飾り状に石をズラして並べるのを短冊石というとしています。 http://peshimane.net/wp/wp-content/uploads/2014/06/2010-13%E7%9F%AD%E5%86%8A%E7%9F%B3%E3%81%AE%E3%83%8A%E3%82%BE%E5%B0%8F%E6%9D%91%E5%BE%B9.pdf