回答受付が終了しました

ID非公開

2021/5/4 18:58

11回答

枕草子は何故、エッセイとして貴族社会で賞賛されたのですか?

文学、古典 | 日本語97閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(1件)

0

枕草子には類集的文章、ものづくしの段が多くあります。 例えば第二十三段「すさまじきもの」 「昼ほゆる犬」 大犬座の星シリウス(Dog Star)が太陽と同じ時刻にのぼる伏日の頃(Dog Days)の、猛暑の凄まじさ。 シリウスは、天の犬の光る牙。 「春の網代」 三月上巳の日(現代の雛祭)、人形(ヒトガタの紙切れ)に身の穢れを移して川に流す風習があった。 しかし。 うまく流れていかないと、それは悪鬼となってその人の所へ戻ってくるという。 そしてそれはおそらく毎年網代にいくつも引っ掛かっている… ((゚□゚;)) スサマジイ… ということを指しているんじゃないか?と考えて楽しめます。 こういった逆クイズがふんだんに盛り込まれ、推理小説のハシリのような謎を秘めた描写もいっぱい。 もちろんそんなの無くても、際立つ感性、超一流の文章力。 これが評判にならないワケがない!