ID非公開

2021/5/5 0:27

1010回答

中学3年の女子です。

ベストアンサー

3

ID非公開

2021/5/5 2:09

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

沢山の貴重なご意見、ありがとうございました。 今はSNSを通じて漫画を描くことも出来るのですね。 漫画1本ではなく、勉強なども両立して行こうと思います。 早速アプリなどを調べて入れてみました笑 またいつか投稿などもできたらいいです。 10人もの方たちがご意見を下さり、皆様選ばせてもらいたいですが、 今回はこの方をベストアンサーに選ばせてもらいます。 本当にありがとうございます。

お礼日時:5/6 17:27

その他の回答(9件)

1

少なからず『面白い話を描く才能』は必要ですが、運なども絡んできます。 才能があるだけでは駄目なんですね。 目指すのは問題無いとですし、なれればそれで良いと思いますが、それ以外の勉強などもきちんとして保険を掛けておくべきかと。 学歴無し資格無し職歴無しで何年も何年も漫画だけ描き続ける……という状態になるのは、本当にまずいですから。 まあ、とりあえずやってみたものの飽きて止める、といった風な状態に陥らない忍耐力があることが、漫画家になるための必要最低限の条件ですかね。 後、効率良くやるために改善していくことと、楽して上達できるなんてありもしない裏技を探すといったことをを履き違えない。これも重要な要素ですね。

1人がナイス!しています

1

誰でも漫画家になれます。 ブログやホームページに連載をするのを漫画家というならば、誰でも漫画家にはなれますし、地方の同人誌販売会に出て、そこで作品を出して、自称漫画家と言ってしまう事も出来るからです。 ただし、雑誌で連載を持とうとするとかなりの狭き門だと思いますし、連載を持っても人気が無ければ打ちきりになり、打ちきりが続くとそこの出版社からは仕事のオファーがこない(今は下手すれば2回続けて打ちきりになれば3回目は無いかもしれません) かなり淘汰が厳しいと思います。 しかも毎回違う話を考え、なおかつ締め切りを守るのは大変だと思います。 それでもなりたいと言うならば、まず月例賞に1回は投稿する事をオススメします、3カ月続けて投稿して、他のグランプリになった作品を読んで自分には才能が無いと思ったり、私にはこんな作品を書けないと思うなら趣味で漫画を書いた方が良いと思います。 もし絶対にプロになりたいのでしたら。 1、ウェブ持ち込みが出来る所に持ち込みをして、自分の作品をキチンと評価して貰う。 2、自分の好きな漫画を分析してみる。 (伏線の張りかた、構図、ストーリーの作り方など) 3、今、中学3年生なら高校は美術部のある高校に行き、絵の勉強をする。 (絵がうまければ、原作付きで漫画を書く事が出来る可能性があると思うので)

1人がナイス!しています

2

ID非公開

2021/5/5 11:54

漫画家です 漫画家になるのがどれだけ大変かはその人によります 才能がある人なら初めて描いた漫画で賞を取ってデビューする人もいるし 10年投稿し続けてやっとデビューしても連載できず、一冊の本も出さずに消える人も山ほどいます あなたがどちらなのかは漫画賞への投稿や持ち込みをしないとわかりません 漫画が描けるなら、とりあえずどの雑誌にも漫画賞の募集はありますから、応募してみてください 今はコロナで受け付けていないところが多いですが、編集部へ直接持ち込みすれば丁寧にアドバイスももらえます いくら投稿しても小さい賞ももらえない、持ち込みしても期待されないならあなたにとって漫画家は無謀だったということになりますが、試す前に無謀と決めるのはナンセンスです プロの編集者の評価をもらい、実力を試してから考えましょう

2人がナイス!しています

1

日本はオタク大国。コミケ行けばプロ並みに上手く、話も面白い素人がウジャウジャ転がってます いかにオンリーワンを描けるか、でしょうね 就職も考えつつ、作品を描いていけばいいかと思います 他の仕事はそうはいかない。平行してやっていくなんて。 でも作家業は可能なんですよね 年齢制限もない、すんでる場所も、仕事や学校も問わない。 挑戦しないのは勿体ないと思います

1人がナイス!しています

1

漫画家になるのはそれほど大変ではありません。漫画家とは雑誌で連載している人たちだけでなく、動画サイトに流れる広告漫画を描いているのも漫画家です。 漫画で一流になる人は総じて心から漫画を愛しています。好きでもないもので一番になれるほど、世の中は甘くない。そして、プロになる人に共通していることは、○○だからプロになれないと言わないことです。何が何でも絶対なる、と行動できる人だけがプロになることができます。

1人がナイス!しています