ID非公開

2021/5/5 0:52

55回答

大阪在住の高校2年の者です。

生物、動物、植物 | 将来の夢59閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大学による影響はほぼないとの事で、自分の学力とも相談し志望大学も具体的に絞り込むことができました。皆さん回答ありがとうございました!感謝です(;;)

お礼日時:5/11 18:18

その他の回答(4件)

3

・共同獣医学課程 北大と帯広畜産大 岩手大と東京農工大 岐阜大と鳥取大 山口大と鹿児島大 卒業時には両大学名で学位が授与されます。 ・大学協定 宮崎大と東大、 大阪府立大と宮崎大 ・連合獣医学研究科 岐阜大学大学院連合獣医学研究科 :岐阜大、帯広畜産大、岩手大、東京農工大が連携 山口大学大学院連合獣医学研究科 :山口大、鹿児島大、鳥取大が連携 ・共同獣医学研究科 鳥取大学大学院共同獣医学研究科 :鳥取大と岐阜大が連携 山口大学大学院共同獣医学研究科 :山口大と鹿児島大が連携 それぞれ多様に連携し補完し合っていますので、どこが強い弱いは気にしなくて大丈夫です。

3人がナイス!しています

1

基本的に全国の獣医学では、コアカリキュラムという名で共通した講義が行われてますが、その共通講義は講義全体の3分の2です。残り3分の1はそれぞれの大学がある程度自由にどういう講義をしようか決めることができます。 そのため地域により、その3分の1が大きく異なってきます。例えば大阪の大学であれば、犬や猫に重点を置き、北海道の大学であれば当然牛に重点を置きます。それぞれの大学でも重点を置く動物や学ぶことも変わってくるので、大学卒業後に同じ獣医卒であっても大学が異なると、大学時代の話を聞いたときにどの動物に重点を置いた実習が多かったかが違います。 そのため、犬猫、牛豚鶏でどの動物を扱いたいかで実習などで何に重点を置くか内容が異なってきます。 あとは、学力的な問題がありますが、2年生であればコツコツ勉強していかことができれば問題ばないかと思います。

1人がナイス!しています

3

他の回答者さんの仰る通り、学ぶ内容はどこの大学も変わりません。 国公立大獣医は数も定員も少なく、地方国立大獣医でもかなり難関ですので先ずはどこかに入る事が先決です。 そこで国公立大獣医志望の受験生は各大学の二次個別試験科目と自分との相性や共通テストと二次個別試験との配点比率などで受験校を絞り込みます。 全ての国公立大獣医に大阪府出身者はいますが、大学毎に大きく出身地域に偏りがあります。 ※全ての国公立大獣医に出身者がいるのは他に東京都、兵庫県、愛知県、神奈川県 大阪府は全国で最も多い国公立大獣医在学生出身地ですが、その半数以上は大阪府立大獣医です。 ※国公立大獣医学生の1割が大阪府出身、東京都、兵庫県、愛知県と続く ※大阪府立大獣医の約4割は大阪府出身者(8割近くが関西出身者)。 残りの内3割が鳥取大、岐阜大、山口大のいずれか ※鳥取大の3割5分、岐阜大の3割弱、山口大の2割強、帯広畜産大の2割弱が関西出身者 大阪公立大獣医は入学料、授業料の減免など大阪府民には優遇があります。(大阪府以外の出身者は入学料が10万円ほど高い) 国立大獣医には無い「負担金」があり、授業料とは別に20万円弱掛かりますので通学出来ない他都道府県出身者には大阪公立大に通うメリットはあまり無いかも知れませんね。 必然的に大阪府出身者の割合が多くなります。 北海道大学に受かる学力があれば、後々獣医師、研究者その他選択肢を鑑みれば北大が良いかと思いますが・・・ 受験時に大阪府に3年以上在住し、尚且つ数Ⅲを含む数学と理科が得意であれば、大阪公立大は第一候補となり得ると思います。 他大学は下宿も伴いますが、数学より英語の方が高得点を期待出来るのであれば、岐阜大又は鳥取大 英語より数学の方が得意だが数Ⅲは負担に感じるのであれば山口大 共通テストで80%に届かなかった場合、理科2科目より理科1科目と数学の方が高得点を期待出来る場合は鹿児島大、理科2科目の方が高得点を期待出来るのであれば帯広畜産大 ※共テと二次個別との配点比率から、共テ80%以下だと他大学の配点比率だと二次での逆転がほぼ不可能。 もちろん80%以下であれば鹿児島大や帯広畜産大もかなり厳しいですが、確率の問題です。 後は受験時の倍率次第 過去3年の倍率は東京農工大が安定して最も高く、鳥取大、北大、帯広畜産大と続き、最も低いのは安定して大阪府立大。 岐阜大、鹿児島大も毎年低めです。 後期は宮崎大1択(理科1科目) ※大阪公立大、岐阜大、鳥取大は後期募集は無し ※帯広畜産大後期(小論文、面接)、岩手大(小論文)、山口大(面接)、鹿児島大(面接)は地元及び地域外の合格率に大きな差が見受けられる。 旧大阪府立大獣医の合格者最低センター得点率は他校に比べかなり低い( 70%台前半)ので、文系科目が弱く共テ得点率をなかなか上げられないが、数Ⅲを含む理数がめっぽう強いという受験者は大阪公立大1択となるでしょう。 数Ⅲをどうするのかで受験戦略が変わってきます。 先ずは確実に共テで80%以上(出来れば85%以上) そして二次個別試験科目と自分との相性 最後は共テの得点を鑑みて志望校を選べば良いかと思います。 ご参考まで

3人がナイス!しています

1

大学別の違いって、学ぶ内容は同じですから、大学の場所の地域環境の違いの方が大きいのではないでしょうか? 6年間生活をどこで過ごすか。北海道の大平原のそばで過ごすか?東京や大阪などの大都会のそばで過ごすか、これからの人生に与える影響はかなり変わりますよ。 また同級生は6年間同じわけですから、当たりはずれはあるでしょうね。 同じクラスになる同級生の性質は年度で違い予測不能ですが、やはり獣医学生はみんな優秀とは言え、東大生と帯畜大の学生の頭のよさは平均で見れば違いますから(帯畜ごめん)、優秀な人に囲まれて過ごしたいなら、東大や北大に行った方がいいでしょうね。

1人がナイス!しています