回答受付が終了しました

高校野球で、代打が球審に通告され出場しました。イニングが終わり、代打で出た選手が球審に無通告で出ました。

高校野球 | 野球全般15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(2件)

0

攻撃時の選手交代(代打や代走ですね)は、「もともとの選手と交代する」という意味合いがあるので、攻撃が終わった後に、通告なしで守備位置についても問題はありません。 例)1番ショートA君に代わって、B君が代打に出た場合 B君はA君に代わって出場するので、攻撃が終われば自動的にショートのポジションにつくことができます。球審への通告義務はありません。 ところが、B君より内野守備がうまいC君をショートに守らせたい場合は、攻撃が終わったところで、あらためてB君の代わりにC君が守備につくことを申告しなければいけません。

0

通告なしでプレイヤーが交代してもそれが無資格者だったり試合から退いたはずの選手が再度出ようとするなどの不正がない限りは罰則はありません。 その代わり、代打で出場したプレイヤーが守備位置についてしまうと通告がなくてもその交代は自動的に成立しますから、例えば指名打者の代打で出場したプレイヤーが守備位置についてしまうと指名打者の役割は消滅し、前のイニングでその守備位置に就いていたプレイヤーは試合から退いて投手がその退いたプレイヤーの打順で打たなければならなくなります。 そして自動的に交代が整理卯する状態になってしまってから指示の誤りや勘違いに気づいて球審に通告しようとしてもその自動的に成立した交代を取り消すことはできません。