若い人の視力がものすごく落ちた場合、歳をとった時は老眼でさらに目がもっと悪くなりますか?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

分かりやすかったです、回答、ありがとうございました!

お礼日時:5/6 22:27

その他の回答(2件)

1

若い方が視力が落ちるのは近視の進行が多いです。だいたい25才人によっては35歳ぐらいまで進行する方がいます。 老眼は全く違うメカニズムで発生し、近くが見えなくなります。 眼の手術と言うのがどの事かわかりませんが、全く関係ないと思います。

1人がナイス!しています

1

まず基本的な知識として、 視力低下とは一般的には近視進行の事。 近視=近くは見えるが遠くが見にくい事。 遠くが見にくいから眼鏡かける。 老眼とは、加齢によるピント調節力の低下。 若い頃は遠くを見やすい場合なら近くも見やすい。これはピントを近くに寄せる"調節力"があるから。この力がなくなるので、歳をとると遠くが見やすいのに近くが見にくくなる。 若い人の視力がものすごく落ちた場合、歳をとった時は老眼でさらに目がもっと悪くなりますか? →近視の進行と老眼は別の問題。関係ありません。 また目の手術をして視力が良くなったとしても、老眼になれは結局目は悪くなりますか?文おかしくてすみません。→近視進行と老眼は別問題なので、分けて考えてください。

1人がナイス!しています