ID非公開

2021/5/5 21:22

33回答

引きこもりの20歳の息子の年金納付について教えてください。対人恐怖症で殆ど家にいる子供がいます。

年金 | 発達障害77閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/6 18:30

詳しいアドバイスをどうもありがとうございます。リンクまで貼っていただき、ご親切にどうもありがとうございます。免除と納付猶予であれば、納付猶予の方が本人の気持ち的にも一番良いかもしれません。こちらの書類を準備して一度年金事務所で相談してみます。場合によっては市役所まで足を運びます。年金機構のHPを見ても、私自身がよく理解できませんでしたので、かみ砕いたご説明に本当に助かりました。ありがとうございました。優しいアドバイス感謝申し上げます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、見ず知らずの私に親切なご助言をお寄せくださり本当にどうもありがとうございました。納付猶予という手続きがあることを知り、救われた思いです。また、そのほかの方法ややるべきことも教えていただき感謝申し上げます。皆様すべてがベストアンサーです。どうもありがとうございました。

お礼日時:5/6 18:35

その他の回答(2件)

1

私なら、「納付猶予」を申請しますね。 https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20150428.html を見ればすぐわかるように、「納付猶予」は、本人と配偶者の所得のみを審査しますので、息子さんの現状なら、承認されるハズです。 「まとめて 〇年 承認」はありませんが、”継続審査”の仕組みがあります。 最初の年度を認められたら、次年度は申請書を出さずとも自動的に審査される仕組みです。状況が変わらねば、ずっと継続します。 スムーズに審査が進むには、ひとつコツがあります。住民票の役所に「所得」を申告しておくことです。納付猶予は日本年金機構が審査しますが、住民票役所にある所得データを利用するからです。データがないと手間取ります。 実際は、 住民票役所で「住民税の申告」をします。税の部署で申告書に記入提出するだけのことです。『所得 0 』と記入でき、『ゼロ申告』なんて呼ばれます。専業主婦とかもする普通の手続きですから構えずとも結構です。郵送で提出可能な自治体がほとんどと存じます。 お気付きでしょうか? 私は、ご本人が手続きすることを提案しています。本人が意味を理解し、書類を記入し、提出する、ことを提案しています。可能なら、ご自分で住民票役所に足を運ぶのがいいです。税の部署と、年金の部署で、手続きします。足を運ぶのが難しいなら、郵送でも可能です。 〇 納付猶予の申請書は、こちら https://www.nenkin.go.jp/shinsei/kokunen/kokunen.files/20.pdf 〇 住民税の申告書は、住民票自治体サイトに掲示されていたり、税の部署に連絡すれば送ってくれることでしょう。 参考)ゼロ申告の説明 https://tetuduki-b.com/mushoku-jyuminzei

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/6 18:33

たくさんのリンクを貼っていただきご親切にどうもありがとうございます。住民票の申告書など知らないことをアドバイスいただきありがたいです。ゼロ申告という言葉を初めて聞きました。早速手続きに動きます。本当に悩んでおりましたので救われる思いです。どうもありがとうございました。

1

まずは親御さんが年金事務所で相談されてください。 手続きは委任状があれば代理人でも可能です。 収入が基準以下であれば納付が免除される制度もありますので、これを利用するための申請ができるはずです。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/6 18:26

ありがとうございます。まずは私だけでも年金事務所に足を運んで相談してみます。