バンドのボーカルをしています。

補足

自分はロック、ポップス系の歌ものバンドで歌っています。ギター担当はコロナの影響でスタジオ練習に来られない日が多くなってしまいました。そのときはベース担当がギターを弾きます。

バンド | ギター、ベース208閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

回答ありがとうございます。自分の声量が足りてないのは確かかもしれません。しかし今の段階では、メンバーにも協力してもらいたいと思っています。自分は今のバンドに1人で後から入ったので、ずっとメンバーに言えずにいましたが、先日思い切って話した結果がこれでした…。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!もう一度みんなで話し合いたいです。うまくいかなかったら、自分かベースが離れることになると思います。

お礼日時:5/8 0:12

その他の回答(14件)

1

おおうにしてそういうボーカリストはマイクの使い方がヘタだったりします。 歌ってるところ見てないのでなんとも言えませんが、マイクと口の距離が離れ過ぎていたり、ハンドマイクで歌う時マイクのカリ首の所を掴むからハウリングが起きてPAのボリュームあげられなかったり。 スタジオのPAつかって楽器に負けるとなると、そういう使い方の不味さによるケースがほとんどなんですよね。 それこそ歌い方でウィスパーヴォイスとかの使い手は、全て楽器に負けるかというとそう言う事はありません。 ウィスパーヴォイスでもしっかり声がヌケてくる人もたくさんいます。 そういう人はおしなべてマイクの使い方か上手いですね。 私もよく「声がよくヌケて聴き取りやすい」と言われますが、声量よりマイクの使い方でそうしてます。

1人がナイス!しています

あと、歌モノバンドなら先ずは歌がキチンと聴こえるのが第一。 発声練習とかボイトレとか頑張ったところでそんなに声量が格段にアップすることはないので、ボーカリストをどう前に出すか、という事を考えないメンバーならとっとと辞めてもらった方がいいです。 ライブに来るお客様は「歌」を聴きに来てます。 ベースやギターなんてぶっちゃけタダの伴奏ですから、歌の邪魔をする伴奏なんていらんとです。

0

>声が聞こえないのは、声が楽器に負けてる たぶんこれだと思います。 初心者ボーカルあるあるの一つ。 またはバンドの音が大きすぎるか。 特にドラムが大きいと全体の音も大きくなり、ボーカルの音が聞こえない→ガナッて喉を潰す、ってバンドもよく見かける。 カラオケとバンドボーカルの違いは発声方法の違い。 一番いいのは他のバンドメンバーともやってみること。 同じ指摘をされたら、そのベーシストの方の指摘が正しいんでしょう。 素人は喉で声を出すが、発声が出来ている人は身体全体を使って声が出せる。 ボーカルレッスンでは先ず発声方法を徹底的に鍛え、うちのボーカルはレッスンを受け始めてから、ジムでのトレーニング(特に腹筋)を始めました。

イヤモニだの他の楽器がどうだの言っている人も多いが、自分の周りにはちゃんとバンド音に負けない声を出せているボーカリストも結構いますよ。 地元の小さなライブハウスでプロの演奏を聴くこともあるが、ボーカリストは環境関係なくパワフルな声を出してます。 やっぱり先ずは正しい発声を習得すべきでは? どうしても納得が出来なければ、バンド音源を貼り付ければよりシビアな意見が聞けると思います。

0

大前提、実際聴いてもないのに回答するのはかなり無理がある。という事はあらかじめ。以下私見。 たとえば「アー(音量5)」を「アー(音量10)」に出来るんならともかく、大声出そうとして「ギャー!!(聴き取れない爆音)」ってなるんなら声張る意味無いんですよね。歌モノなら尚更。もちろんボーカリストの技術としての大きな声は必要になるかと思いますけれど。 そんな事より、メンバーの総意(?)で「一度ベースの音を小さくしてやってみよう」となったにも関わらずベーシストが駄々こねて試しもしないって事なら、もう無理に引き止めないほうが良いんじゃないですかね。自分の巣で平和に暮らしてもらったほうがお互いの為かと思います。 >今まで自分の感覚で音を作ってきているから小さくするのは主義に反するし無理 つまりその人のレベルが低いんです。私ならそう判断します。その感覚だの主義だのにこちらが惚れて“弾いて頂いてる”関係性ならまだしも、単にオーダーに対応出来ないだけじゃんって話。面倒臭いんでさよならです。 というか、「ギターがいない時はベーシストがギター弾く」って意味も分かりません。やりたい放題やってるだけですよね。

0

イヤモニを使えばすべて解決できる話ですね。 前のバンドでは、私の声がうるさすぎて耳が痛いと言われて 基本的にドラムとボーカルは生音 ベース、ギターはスタックアンプでした。 当然、自分の声なんか全く聞こえません! 片耳を押さえてかろうじて聞こえる程度 で、イヤモニを使いだしたらすべて解決 まぁ、そのバンドは無くなりましたが イヤモニは手放せなくなりました。

イヤモニに対して否定的なヤツもいますが、自分の声が聞こえないようでは発声どうこう言うよりも喉を潰して個人練習さえも出来なくなります。 ですので、自分の喉を守るためにもイヤモニば必要です。 とは言え、ポップス系の歌物バンドって 自分の声が聞こえないくらいの爆音バンドなんですか? 私の場合はゴリゴリのメタル系の爆音バンドでの話なんですが…

1

正直、音を聞いてみないと分かりません。 少なくともベースの人は歌が聴こえない状態で弾いてて気分良いのだとすると、ナカナカの困ったちゃんです。 主さんも、声を大きくではなく、技術的なことにもっと取り組んでも良いかもしれませんね。むやみにデカい声をだすと潰しますよ。

1人がナイス!しています