回答受付が終了しました

6歳と8歳の娘に、ピアノ演奏と英語会話能力が熟達している母親が、習い事として教えながら一緒に遊んであげて情愛関係を育むとしたら、

回答(5件)

1

ピアノと英会話ではありませんが、自宅で子どもとそろばん学習をしています。最初は年の近い親戚の子も含めて2人同時にやっていましたが、会う時間がとれず、現在はうちの子と私の二人でやっております。 >教えながら一緒に遊んであげて情愛関係を育む 同時にと言う事は難しいでしょうね。 やるなら、習い事の教室と同じように、 「〇時~〇時まで○分(時間)はお母さんは先生、あなたたちは生徒です。」 という線引きをしっかりすること。 その時間はよそのお子さんを預かっていると思って接する。 習い事以外の時間は普段通りのお母さんに戻る。 私が、子に教えていていつも言っていることは、 「他人(自分以外の人)と比べないこと。1か月前、1年前の自分自身と比較して成長していることが大事」ということ。 特にご姉妹だと上のお子さんの方が先に進んでしまう可能性がありますよね。うちも親戚の子の方が年上でした。お互いにどちらが先に進むか競争みたいになるので、個人個人のペースでしっかり身につくペースで進めることには気を使いました。 それから、私自身が気を付けていることは、成績などできるようになったことを褒めるのではなく、それまで努力してきた過程(今日も練習頑張ったね、など)を褒めるようにしています。とはいっても、合格した時とかはよかったねと褒めてしまいますけどね… これは、学校での成績などに関しても同じように言えますね。 そして、親も一緒に練習して努力している姿を見せること。家事などでたくさん時間は取れないでしょうが、定期的に頑張り続けることはお子さんにとっても良い見本になると思います。私は、最近練習休みがちなので逆に子に叱られることがあり、続けることはなかなか難しいですけどね。

1人がナイス!しています

1

子どもにお母さんとしているという意識を持たせない。決まった時間だけ先生として接してもらう。そして、お母さんは他人の子どもを教えているという意識を持つこと。決まった時間だけ他人から預かっているつもりで冷静に対応する。 先生と生徒である時間は、6歳と8歳ならば「教室ごっこ」という状況を説明して、役割を徹底して、部屋の雰囲気、コスプレも注意しましょう。(コロナでホームスクールになり成績が落ちた子どもに家での学習時間に制服を着せただけで集中力やモチベーションが上がったそうです。) 信頼と愛情は、色んなことを教わっていれば自然に増していくものです。教室ごっこ時間以外は、ママと子どもの関係でベタベタしましょう。

1人がナイス!しています

1

言葉(会話に限る)に関しては、何か状況を決めてその状況では英語オンリーと決めて翻訳しないのが良いです。 たとえば、家の中で子供への会話は英語のみとか、そこまでしなくても、お風呂では英語のみ、寝る前のお布団での会話は英語のみ、おやつタイムは英語のみなど。 ただし発音やイントネーションも、子供はすべて真似をします。 普段日本で日本語で暮らしているなら突然は難しいので、おやつは何が食べたい?のやり取りなど、単純なところから始めるのがいいと思います。 ピアノ等楽器については、我が子に教えるのはかなり厳しいです。私は途中で諦めて子供に教えてくれる先生を探しました。 周りでも母親が教えて成功した話はほとんどききません。 主に環境だと思います。 身の回りの世話をする人がいたり、周囲のサポートが手厚いと、うまくいくこともあるようです。 なかには成功する人もいるでしょうが、一般的にはなかなか難しいです。

1人がナイス!しています

0

ピアノに関しては、子どもから教えてと言ったときに教えるくらいで、あとは子どもにも読めそうな楽譜を置いておくとか、一緒に生演奏を楽しむというところから入っていけばいいと思います。 楽器の習得は、親が教えるのは難しいです。習い事として教えるというスタンスはなるべく避けたほうがいいです。 英語は日本語と同じように、言葉なので、親が英語でしゃべっていれば、子どもも覚えます。日常子供に話しかける場面で英語を使えばいいでしょう。 それと同時に、6才8才であれば、絵本で文字にも触れさせたらいいと思います。

1

自由気ままに育てられた方が良いと感じます。 押し付けてはいけないと思います。 子供さんは観察しますのでそのうちあなたの偉大さが解るまで 放って置きましょう。強制は逆効果と感じます。お子さんは自分で 何かしら見つけると思います。

1人がナイス!しています