MP3に代表される圧縮ですが、無損失、320,256、198、128とか違いが耳でわかりますか。

オーディオ44閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございます。

お礼日時:5/12 19:50

その他の回答(11件)

0

256は試した事はないのですが、320と192はわかります。ハイハットの音とか顕著です。 WAVと320はわからないです。

0

192kbps以上からはぶっちゃけ一般人の耳ではわかんないすね。スピーカーで音量上げるとわかりますけどね

0

はじめまして♪ 一応、mp3で最大データ量を128kbpsまで制限した場合、おおむね7〜8割の人が「CDの音とほとんど同じ」という程度の物です。 つまり、2〜3割の人には「CDとはやはり違う」「CDの音とは全然違う」などと言う人が居る。という事になります。 mp3はDVD-Videoに採用された音声圧縮の1つで、後に改善されたAACの方が多少良いのですが、人の聴覚/聴感に合わせて、出来るだけ違和感が出ないよう、よく工夫された圧縮方式です。 最大データ量を、198/256/320kbpsと多くして行く程、圧縮時に省略(切り捨て)されてしまうデータは少なく出来ます。 ただ、他の回答者様も言及されている通り、ある一面に注意して聴き比べれば、mp3もAACも、最大の320kbpsだろうと、「あぁコレは圧縮音源だなぁ。」ってわかってしまう。。。。 (私も、他のサイトに有るQ&Aで、先輩回答者様(元音響分野をお仕事とされていた人)から「注意して聞くポイント」を教えてもらってから、すぐに判別出来ちゃうようになりました、、、でも、コレって、ほんとにシアワセだったのかなぁ。。? お気軽な音楽鑑賞でも、気になったりする事も出て来ちゃいましたし。。。苦笑) なお、私の書き込みより先の回答者様が言及されている部分に、もう一言付け加えたら、そこそこ良い環境で聞いている人には、非可逆圧縮音源かどうか、って、多くのヒトも気付いちゃうかなぁ〜。って言う事で、今回は、その部分の書き込みは控えさせて頂きます。 デジタルデータの量として、問題が無いのであれば、「今は音の違いがよくワカラナイ」と言う状態だとしても、今後、御質問者様の聴感/感性がレベルアップしたときのため、無圧縮の生データ、あるいは生データと完全一致出来る可逆圧縮(アップルロスレス「ALAC」や、フリーロスレス「FLAC」などで、データを保管されておくのも良いと思います。 一般人がアップロードした物の中には、「高音質、ハイレゾ音源」とかアピールしていながら、mp3などから、単にデータ変換しただけ。という、とても残念な物も、過去には沢山有りました。 (違法なアップロード&ダウンロードが多かった時代は、ほんと、ゴチャゴチャして居ましたからねぇ。。。) あ、いかんいかん、、無駄話が多く成りました。。。 ゴメンナサイm(_,_)m

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0