ID非公開

2021/5/7 12:14

44回答

小型犬と大型犬の飼い主って相容れないんですかね。

イヌ88閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/5/7 15:11

ご回答ありがとうございました。なるほど。ランが楽しくないとは考えもしませんでした。 この辺りは有料で厳しく区分けしてるランはないのが残念です。 普段は野原やビーチも行くのでそっちに重点を置きたいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ランは飼い主の事故満足という、考えてもみなかった視点をいただきましたのでベストアンサーに。

お礼日時:5/11 19:49

その他の回答(3件)

0

こんにちは(⑅˘ ᵕ ˘ ) たまたまだと思いますよ〜 私は大型犬9ヶ月の男の子を飼っています 体重は33㌔あります サイズで分けていないドッグランでは 可哀想だけどリードを繋げたままにしています。絶対に噛みつきはしないと思ってはいますが、動物なので何があるか分からないので。私はリードを繋いでいるのに、小型犬は必ずと言って良いほど、リードを離してキャンキャンと歯をむき出しにして吠えてきます。 怖いね〜 とか 無理だね〜 とか言う 飼い主さんがとても多い。 思うんです…小型犬も繋いでおけ。と それがマナーだと思う。 それと、うちはまだまだ9ヶ月で幼犬。社会性を学ばなければいけないので、吠えられようが、噛まれようが、乗っかられようが とてもありがたく見ています。 飼い主さんにもありがとうございましたって必ず言います。 私では教えてやれない部分ですから。 少々引っかかれようが、傷付けられようが ありがたいと思っています。

ID非公開

質問者2021/5/7 15:20

そちらのランではリードをするのがマナーなんですね。 私は、ランではリードしたら逃げられないから余計怖がるのではないかと思って離してますが。(そのように注意を受けたこともありますし。絡まって危ないと) 郷に行っては郷に従えなので仕方ないですね。

0

>>小型犬と大型犬の飼い主って相容れないんですかね。 私見ですが親しい犬友さんでその犬の性格もよくわかっているなのならばともかくとして。 基本ドッグランというクローズドスペースはサイズ・犬種(同じでも)であっても相容れないスタンスだと想定していたほうがちょうどよいと思われる。 >>ドッグラン(小型、大型の区別はなし)に行ってきた。 私としては区分けがないドッグランがもっとも注意・警戒しなくてはならないと認識しています。 >>私の犬友のトイプーのMIX(2歳)。 >>大型犬(セッター、ポインター)の子犬3頭ほど(5~6か月)が上から前脚を乗せてきたりしてじゃれて遊びだした。 >>嫌がってるのに止めず。小型犬はかなりキャンキャン吠え始めた。 で?上から乗られたトイプーMIXの飼い主はその場でどうしたのか? >>ジャックラッセル(6か月)がいたが上から来られても平気で遊んでいた。 で?ジャックラッセルの飼い主はその場でどうしたのか? >>大型犬の飼い主は小型犬はやっぱりキャンキャン煩いわねって感じで。 そのような発言をリアルにランエリアでしていましたか?ただ黙認していただけなのか。 >>「イヤ、あなたの大型犬が上からいかなければ静かだし、吠えてるのは1頭だけ」と思った。 あなたの主観はわかったが吠えていたトイプーMIXの犬友の主観はどうであったのか?そして現場でどのような対応をとったのか? >>今回の飼い主たちががたまたまかもしれません。 そういう可能性もありますね。 >>小型犬と大型犬の飼い主ってステレオタイプのイメージがあって相容れないんですかね。 あなたのイメージはそれで構わないが、ドッグランは犬友でもなければ他所の飼い主とコミュニケーションは最小限だし、人の犬よりもまずは自分の飼い犬を注視(監督)はすると思われる。 >>ちなみに私の犬はキャンキャンいう小型犬(苦笑) それ自体はとくに問題はないと思う。 >>大型犬が走り回ってくれたら私のステレオタイプの小型犬は吠えず。 毎回そうであると飼い主は助かるのだろう。他所の大型犬があなたの都合通り走り回るだけとはならない気がするが。 >>今日は吠えなかった。 それは何よりで結構なことでした。で肝心のトイプーMIXの飼い主の対応はいかがだったかが不明だ。あなた自身はステレオタイプですか?まったく見ず知らずの大型犬の飼い主と相容れることができそうですか?

ID非公開

質問者2021/5/7 15:13

ご回答ありがとうございます。私はステレオタイプよりでしょうね。ランでは気にならないけど街中でも大きな犬が寄ってくるとちょっと怖いです。 その小型犬の飼い主はあんまり気にせず介入もせずって感じでした。

0

そこのドッグランがそういう雰囲気だった、ということにすぎないと思いますが、「相いれない考え方」というおもしろい視点に考えさせられました。 相いれない考え方があるのだとしたら、まさに > 嫌がってるのに止めないから という点にあると思います。 経験的に、小型犬飼い主は犬に自己投影しがちというか、擬人化しすぎな傾向があるように思います。果たして、犬から聞いたわけではないのに、本当にその犬は「嫌がっている」のでしょうか? 興奮しているだけなのでは? そして、興奮している小型犬をなだめようと、大型犬はいろいろと犬なりに働きかけているのでは? 表面的な様子を見て、「嫌がっている」と断じるのは、「自分だったらああいうことをされたらいやだな」という自分の気持ちを投影しているだけにすぎません。 大型の場合は、犬は犬、という視点をもっていないと飼育しきれませんから、無意識に擬人化しない飼育をしがちです。犬の様子を見て、犬がいまどのような状況にあるのか、客観的に判断しよう、という視点です。犬がしっぽを振っていたとしても、うれしいから振っているのか、警戒しているのか、そこにはさまざまな意味があり、判断を誤ると大型犬は動きが大きいですから、事故やトラブルに発展することがあるからです。 その点、小型犬は動きが小さいので判断を誤っても、大きなことにはなりません。しっぽを振っているからといって、安易に他犬に自分の小型犬を近づけたりする人がいますが、「いやいや、あれは警戒してるでしょ」と大型飼い主だったら経験的にわかることが少なからずあります。 逆のケースもあり、小型犬は遊びたがっていて、大型犬もウエルカムなのに。「大きくて怖いから」と犬同士の間を遮断し、小型犬にとって社会化の機会を奪うような小型飼い主もすくなからずいます。「大きくて怖い」のは、犬自身ではなく、飼い主の自分の気持ちを犬に投影しているにすぎません。 擬人化せず、犬を犬として、犬の習性に基づいて犬がいま置かれている状況を判断しようと無意識に考えている点が、擬人化しやすい小型飼い主と大型飼い主では相いれない部分だろうと思います。もちろん、大型飼い主や小型飼い主の人が全員そうだと言っているわけではなく、傾向としてそういうことが感じられるということです。

ID非公開

質問者2021/5/7 15:15

なるほど。擬人化とは考えつきませんでした。これからは注意します。ウチの犬も小型犬なので。