簿記とitパスポートの取得を考えているのですが、就職を有利にする目的の場合、この2つの相性はどうですか?

資格25閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お二方ともありがとうございます!

お礼日時:5/10 6:43

その他の回答(1件)

0

就職後を見据えてという意味であれば、簿記は会社の業績の数値を読む、ITパスポートは社会人として情報管理などの面からITを利活用する立場で身に付けておくべき知見を得るという点で役立つと考えられます。 一方で、就活そのものに役立つかというと、プラスアルファ程度の評価かと考えられます。 新卒採用であればポテンシャル評価のため、人間性(リーダーシップ・コミュニケーション力、課題発見能力・解決能力、創造力、決断力、ポジティブ思考等)をメインで見ます。 また、キャリア採用であれば実績評価のため、実務経験をメインで見ます。そういう意味で資格はプラスアルファ程度の評価というイメージになります。 以上、参考になれば幸いです。