なんでひと昔の株取引はどうやったら安く買って高く売る方法ばっかりだったのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

自分昔からやっているが昔は証券マンに電話で頼んで高い手数料払って買うしかなかった 当時は担当の証券マンが優秀かどうかで資産が増えるか減るか決まった 今みたいにネットで情報集めて簡単に稼げる時代ではなく証券マンの力が全てだったのです

0

昔は配当金なんて1株5円とほぼ決まってたんだよ それを自由化って言うか緩和して 出せるならいくらでも良いとなってから現在になってる それとネット証券の出現により売買手数料が下がっているのと 売買単位が100株になって以前より平均株価が下がってる (私が投資を始めた頃は単元で平均50万円超えていたよ 現在は結構上昇してきたけどそれでも1単元30万円台だよね) そのことで個人投資家が増えて株価が上昇して来たから 当時購入した銘柄は現在何倍にもなってるんだよ もちろん会社もずっと黒字続きで無いと駄目だけどね 現在だって同じだよ 違うのは配当利回りが少々高いとか優待があるか無いかだけで 会社の成長に従って株価が上昇しやすいのは同じ まあ優待生活の桐谷氏の影響で優待がある方が 株価は上昇しやすいけどね 配当に関しては長く保有することで増配されて 増えるのを待つ方が良いんだよ 最初から高配当銘柄を購入しても良くない 配当金はあくまで配当原資である会社の利益があって続くものだよ 私の保有してる銘柄に購入当時は年2.5%だったけど 10年経過してコロナ等で減配になってるが現在でも年15%以上で しかも優待がある銘柄があるよ 株価も購入時の5倍以上になってるよ

0

昔から(20年ほど前から)、配当金や株主優待ばかり売買している人達、グループはいましたよ。 私もです 昔は、投資家同士が情報交換するネット環境も良くなかったですし、メディアもTVばかりだったので、そういう地味系の人はメディアが取り上げなかっただけです。 配当投資シンボルで持ち上げられている何とかさん(元将棋棋士の?)も、メディアが持ち上げて、一般人の投資口座開設に使われていますが、昔から彼以上の人は沢山いますし ネットが発展してきたので、一般人にも株の情報が入りやすくなったからからだと思います 一昔前は、知恵袋も存在しませんでしたし、株の掲示板も銘柄毎にも分かれておらず、Yahooの中に大きな掲示板カテゴリーがあり、その中で株の掲示板があるだけでしたし

ただ、配当金は勿論ですが、株主優待も課税対象であることが言われており、今までは知らなくて無申告の人ばかりだったと思いますが、これからはもっと告知されてくると思います なので、株主優待を発行する企業も減ってくるかもしれません

0

そんなことないですよ。 今も昔も変わりなく~♪ キャピタルゲイン(売買差益)で勝てない一部の人が市場から退場せず、 インカムゲイン(株主配当・株主優待)に投資手法を切り替えたからです。

0

今だって安く買って高く売る方法が99パーセントですよ。^^ 配当や優待目当ては一億越えの金持ち投資家たちや、逆に家庭の奥さんがお歳暮程度の優待券目当てにやってるだけってのが実情。・・・