何年か前、星の軌跡を撮っている最中UFOみたいなのが写り込みました。航空機の動きではないので勝手にUFOだと思っております。

画像

超常現象、オカルト | デジタル一眼レフ65閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

固形物には見えないから何だろうね。 でも、地球上の現象としてならば 雷とかプラズマの発光とも考えられなくはない。

0

先に屁理屈を書いてしまうと、調査して「確認済み飛行物体」になるまではなんでも「未確認飛行物体(UFO)」なので、現時点では確かにUFOということではありますし、質問どおりそこまで考えられる何かは当てはまってませんから不思議でもあります。残念なのは知恵袋の仕様なのか画像が小さくてはっきりせずというところ。軌跡としては小さなライトがあの辺りでうろうろ動いたという感じで、丸いぼんやりしたのも関連性があるかもしれないですが、撮影してるカメラの前で撮影者本人がそんな行動するとは思えず。そのとき他に人はいませんよね? 以前オカルト・ミステリー系の番組で、オカルト写真といわれてる物のほとんどは撮影のプロが調べれば原因が分かるが(片足が消えてる!とか)、それでも分からないものは現実に少数あるとのことなので、この画像がどっちに行くかは詳細に調べることで分かるかも。

0

UFO(未確認飛行物体)に近いモノですね。 貴方にも私にも確認しようのない物体?の奇跡!ではなく 光りの軌跡ですから。 飛行してたか?というと「浮遊」してた「何か」の 光りのようですね。レンズフレアも出てるみたい。 飛行物体が、 なぜ?このような「妙な軌跡を生む飛行」をする必要があったか? を考えれば、「宇宙人を含む知恵ある制御の元の飛行」 とは考えにくいです。 ドローンのホバリング中に風にあおられてるか、 バルーンが風によって揺れてるか?などの 飛行ではなく、浮遊状態の様に見えます。 なので、「未確認飛行物体」ではなく 「確認しようのない浮遊物体」というのが 正しき呼び名のような気がします。 また、写真的に考えると、距離と速度の違いで はるかかなたの距離と近距離にあるモノ(地球上)では 近く大きいく写る方が手振れ時におこるブレ幅が大きいので 風による影響でなく静止状態の光源の 「手振れによる動き(移動)もどき」 も一考できるかも。 さらに、この写真が、一部をトリミングした拡大部分なのか これがすべての画角なのか?でもまた違った見方になります。 先にも書いたフレアがですが 広角レンズの広い画角内にある画面左右どちらかにある 強い逆光光源がレンズ内でフレア、ゴーストとなり、 ブレによって軌跡を発生している。 それが写っているともなりかねません。

スマホカメラでの撮影なら、 長時間露光も普通のカメラ露光でなく 多重撮影数十枚のカメラ内部での連続撮影データを レイヤー合成で一枚の写真(高感度撮影・もどき)としています。 軌道が同じで同じ場所にある光(点)は優先され 上手く重ねて合成されますが 多重撮影でそのたび手ブレで不規則な点は 点の移動、軌跡となって合成される、ってなことかも。