ID非公開

2021/5/9 16:26

44回答

先ほど家の裏の建物の改修工事をするために職人の方が挨拶にきました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

無事に解決しました。 ウチの屋根がめくれていたのを見たという嘘を暴いて、警察にも相談したと電話で連絡したら、契約解除に応じてくれて、契約書も返送してくれました。 もうカモにならないと判断されたのでしょうね。 以後は気をつけます。

お礼日時:5/12 20:54

その他の回答(3件)

0

相談の事案がクーリングオフの対象か不明ですが・・・ クーリングオフが可能なら↓のサイトを参考にして下さい。 初めてのクーリングオフ・・・http://www7.plala.or.jp/daikou/cooling-off/ クーリングオフは「発信主義」を採用しています「書面」を郵送した時点で成立します。 故に「発信日」が証明可能な方法(内容証明・書留 等)で郵送して下さい。

不実告知(消費者契約法4条1項1号)が存在します。 重要事項について事実と異なる事を告げることによって、消費者が その重要事項を誤認した結果、契約を締結してしまった場合には、当該契約を取り消すことができます。 詳しくは・・・https://www.city.iwamizawa.hokkaido.jp/i/kakuka/syohisyacenter/cooling_off/kaijo.html 契約時の説明等が↑に当て嵌まる場合は、法律に基づき「契約解除」を要請する事が可能です。 可能なら 事前に↓の専門家に相談し、アドバイスを得てから行動して下さい。 消費生活センター・・・http://www.kokusen.go.jp/map/ おまけ 取消権の時効は「追認をすることができる時」から1年間です。

0

クーリングオフできますので、出来れば内容証明郵便で、少なくとも配達記録で契約を破棄する旨の手紙を出してください。 書面には、あなたの住所氏名の他、相手方の会社名、住所、契約日と契約内容や契約名称、その手紙を書いた日と契約を解除する旨を書いてください。

1

>家の裏の建物の改修工事をする・・ 詐欺による意思表示があったと考えられます。 欺罔行為による契約解除を申し立てることです。

1人がナイス!しています