ID非公開

2021/5/9 19:45

1010回答

アマチュアさんたちが我々プロをリスペクトしない風潮がはびこっています。昔はプロが言えばアマは黙って聞いたものです。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

追記で 机上だけの人の活躍できる場は、SNSだけです。 写真出しても、見る側は涙を出して笑うだけです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

さすがは本家のphotog_6666さんです。言っていることがぶれていません。悪い意味で。

お礼日時:5/10 17:56

その他の回答(9件)

1

私はプロって言われただけで普通にビビっちゃいます。 私は趣味の写真ですから、プロの武勇伝を聞くのもテクニックを聞くのも楽しいです。 今はネットで様々な情報を得られるので、テクニック等の情報のありがたみが分からないんじゃないですか? ちょっと検索すれば、ただでいろんな情報を得ることが出来ます。 昔はそんな便利なものはないので、プロにお話を聞けるだけでありがたかったです。 ま、私がお話しできたプロは近所の写真館のおじちゃんくらいですが。(笑)

1人がナイス!しています

2

私もプロですがハイアマチュアさん達のことは寧ろリスペクトしていますよ。 何が原因かと問われれば、一つにはカメラがより身近なツールになったからではないでしょうか。 一昔前は、プロが使う機材なんてアマチュアには中々手が出ないものでしたが。 ビューカメラとか、フラグシップ機とかですね。 現在は、プロもアマも使う機材が似通ってきている部分があると思います。 もう一つは、写真を撮るという行為自体も身近になってきていること。 今やスマホでもそこそこキレイな写真が撮れますからね。 プロカメラマンなんて大したことない、何て思われてきているんじゃないでしょうか。 あとは、カメラや写真が身近になったことで、自称プロカメラマンが増えましたよね。 まあプロカメラマンなんて、開業届一つで始められるものではありますが、 写真一本で生計を立てているわけでもないのに、あたかもそうであるかのように振る舞う、 ツイッタラーやインスタグラマーが増えているのも、舐められてきている原因の一つかと思います。

2人がナイス!しています

1

昔から写真やっている人はプロの言う事なんて聞きませんでしたよ ただ昔は対面だったので無知で間違った事は言いませんでしたが

1人がナイス!しています

2

本物のプロフェッショナルはリスペクトされている。

2人がナイス!しています

3

>昔はプロが言えばアマは黙って聞いたもの 「プロは専門バカ」の場合がある。 この一言でしょう。 フジの1600のフィルム(ネガ)を感度100で設定して撮ったなんていう話で絶対に正常に写らないと言い張ったプロがいます。 実践して見せるとプロはリバーサルしか使わない云々で逃げました。 「勉強不足でした」の一言が言えない人がいるのです。 リバーサルフィルムとスライドフィルム(コダックの商品名)は違いうではそれなりに有名なプロを、、、以下自粛。 プロが言ってる事が正しくない場合が増えてきてしまっています。 自分は写真の多様化と言ってゴマかしますけどね。

3人がナイス!しています