n8yと申します。 映画ファンのみな様にご質問です。 あなたの好きな“群像劇映画”を教えて下さい。

外国映画 | 日本映画256閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

keiさん、こんばんは。 「ショート・カッツ」群像劇といえばアルトマンですね。 細かいところは忘れてしまいましたが、地震が起こって大団円みたいな終わり方だったような・・・(^_^) 結構長い映画でしたが好きな映画です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ご回答ありがとうございました! 「ショート・カッツ」「ナッシュビル」「クラッシュ」と王道作品を挙げられたkeiさんにBAを! 先ほど新しい質問を投稿しました。 “n8y劇中歌外国映画”で検索していただけば出て来ると思います。 よろしくお願い致します。

お礼日時:5/17 2:41

その他の回答(10件)

0

先日は、BAありがとうございましたぁ~。 群像劇もの大好きです。 海外ドラマ『ER』も大好きです。 『大空港』(1970) ベタですが、やはり1番に挙げます。 アカデミー助演女優賞を獲ったヘレン・ヘイズさんは、ウディ・アレンのインテリアでも、見事でした。 『予期せぬ出来事』(1963) まさに、グランドホテル方式です。リチャード・バートンの演技の幅に脱帽しました。マギー・スミスのデビュー作品だと感じさせる感があってか、初々しさが良かったです。 『瞳の奥の秘密』(2009) 、もしかしなくても何度か挙げたかもしれません。 伏線を回収する事だけにこだわらない作品、観終わった後の充足感が、そういったものに惑わされないのは、やはり、外せません。 『ボルベール〈帰郷〉』(2006)、女性賛歌といわれる作品です。 観る者を二転三転させ、見事に締めてくれます。ペドロ・アルモドバル監督作品の中で、1番好きですね。 『金環蝕』(1975)、山本薩夫監督の作品なので、本当に見ごたえがあります。山本薩夫監督、むしろ出演者が多い方が、力を発揮するのではないかと。宇野重吉素晴らしい.....。

swkさん、こんばんは。 「大空港」面白かったという朧気な記憶しかありません。 この映画は中学生くらいの時にテレビで観たきりなんです。 「予期せぬ出来事」 「瞳の中の秘密」 どちらも未見です。 前者はレンタルビデオで、後者はDVDレンタルで観たいなと思っていたのですが・・・(^_^) 「ボルベール〈帰郷〉」劇場で観たのですが忘れてしまいました。 今回は(も)忘れてしまった映画が多いです・・・ アルモドバル監督は好きなので再見したいです。 「金環食」面白かったです。 映画としてはそれほどでもないと感じましたが、ストーリーや豪華俳優陣のキャラクターが良かったと思います。監督の甥っ子の山本学は見事なはまり役でした。自殺に見せかけて転落死させられる断末魔の表情が好きなんです!(^_^)

0

n8yさん おはようございます。 「ナッシュビル」(1975年)〈ロバート・アルトマン監督〉 まずは,私もこの映画に一票。というか ”群像劇”と聞いて,いの一番に思いついたのがこれですね。 10代の頃から,カントリー音楽のファンなので,大喜びで観ました。 アカデミー歌曲賞の"I'm Easy"(キース・キャラダイン作詞・作曲)が懐かしい。 「祖国は誰れのものぞ」(1962)〈ナンニ・ロイ監督〉 10代の頃,テレビで観て感激した覚えがあるのですが,その後,観る機会がありません(DVDないのかなあ・・・)。 ドイツ軍支配下のナポリで,市民が蜂起した実話の映画化。 確か,テレビ放映時,「プロの俳優を使わず,ナポリ市民を起用して撮影された」と書かれていた記憶があるのですが,今回,出演者を見たら,有名俳優がたくさん出てましたね(まだ無名の若手俳優だった人も含む)。 その点は,ロッセリーニの「戦火のかなた」(1946)と混同してるのかも・・・ 「トゥームストーン」(1993)〈ジョージ・P・コスマトス監督〉 封切時に新宿で観て,その後,池袋の文芸坐でウォルター・ヒル監督の 「ジェロニモ」(1993)と2本立てでもう一度観ました。 とにかく,キャストがものすごく,確か「B級スターがこれだけ揃うと壮観!」と書いていた人がいましたが,2000年代になって活躍している俳優が何人か,若い時に出ていて,今,観るともっと凄いですよ。 1980年代に盛んになった「西部の伝説的な事件や人物の真相を実証史学の手法で調査する」という研究成果を踏まえているので,”OKコラルの決闘”を描いた西部劇では,最も史実に忠実な映画です。 脇役,チョイ役に至るまで,殆ど全部,実在の人物で,当時のトゥームストーンにいたガンファイターたちの群像劇だと捉えていますが,コスマトス監督のいささか大雑把な演出が,昔の西部劇みたいな感じで大好きです。 LDは出ましたが,DVDがないのが残念。 「忠臣蔵」(1958)〈渡辺邦男監督〉 数年前の正月,CSで東宝,松竹,大映の(いずれも昭和30年代の)「オールスター忠臣蔵」を立て続けに一気に観ました。 なので,内容の記憶はゴチャゴチャになってますが(もっとも「忠臣蔵」なので,内容はみんな同じようなもの),滝沢修が吉良上野介を演じた,この映画(大映版)を挙げときます。 3本とも,老母と一緒に観ていて,「あの俳優だれ?」「あ,○○だ!若い!」などとワイワイ言いながら楽しく観ました。

uraさん、おはようございます。 「ナッシュビル」群像劇といえばこの映画ですね。 この映画は音楽映画としても楽しめますね。 ラストはショッキングですが何故か感動しました。 反ハリウッドですがアメリカ的だなと・・・ 「祖国は誰のものぞ」未見です。 画像を見たのですが何か見応えありそうですね。 『アルジェの戦い』を連想しました。 DVDはなさそうですね・・・ 「トゥーム・ストーン」未見です。 『OK牧場の決闘』の映画は多いですね。 なかなか豪華なキャストですね。 文芸坐で「ジェロニモ」と2本立てでしたか。 あれっ?ひょっとしたら観たかもしれません。(^_^;) 「忠臣蔵」映画は子供の頃から毎年暮れにテレビで浴びるように観てきたので、この映画も観た可能性はありますがキャストを見たもピンときませんでした。

0

n8yさん こんばんは ! わたしが浮かんだのは ハッピーフライト(矢口史靖監督) 空気人形 たしかに、桐島と、パレードも凄い

upuさん、こんばんは。 「ハッピーフライト」面白いのですが・・・ “安定した面白さ”とでもいいますか・・矢口監督は『裸足のピクニック』みたいなハジけた映画の方が好きなんです。 「空気人形」少し前のぺ・ドゥナで観たかったです! 『ほえる犬は噛まない』頃の不思議ちゃんキャラが一番似合ってた時に! 無い物ねだりですね・・・ 『桐島』面白かったです。 『パレード』2票目なので観たくなって来ました。(^_^)

1

「幻魔大戦」(1983年) りん・たろう監督作 大宇宙の破壊を企む暗黒の支配者、幻魔と戦う地球の各地から集まったエスパーたちの活躍を描く。平井和正、石森章太郎の同名の原作のアニメーションで、脚本は「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の内藤誠、「襲われる女教師」の桂千穂、真崎守の共同執筆、監督は「さようなら銀河鉄道999」のりんたろうがそれぞれ担当。 脚本家が興味深いですね、、、、 それと音楽、キース・エマーソンと主題歌のローズマリー・バトラーの「光の天使」 あのシンフォニックなシンセサイザーの音が良い味を出してました それと、作画に漫画家の大友克洋を起用し当時の角川映画のイケイケぶりを感じます 賛否両論はありますが、なかなか好きな作品です

1人がナイス!しています

acoさん、こんにちは。 「幻魔大戦」懐かしいです! 原作や監督のファンという訳ではないのですが“ハルマゲドン接近!”のナレーションで始まる予告編が気にいって、封切りで観ました。 内藤誠さん、桂千穂さんの脚本や監督作品は一般映画も含めては何本か観ています。昨年亡くなられた桂千穂さんは旧フィルムセンターで時々お見かけしました。 キース・エマーソンとローズマリー・バトラーは知りませんが(^_^)、音楽と主題歌も良かったです。 大友克洋はキャラクターデザインでした。 この絵も作品に合ってましたね。 映画としての出来は微妙でしたが、好きな作品です。(^_^)

1

n8yさん いつもお世話になっております。 お題を見て真っ先に浮かんだのが「ナッシュビル」でしたw ロバートアルトマンの中では一番好きな作品です。 トリュフォーの「アメリカの夜」も浮かびましたが 他の方が既に挙げられているので... 「トリュフォーの思春期」 仏人でもないのに何故か自分の子供時代を思い出してしまう 窓から子供が落っこちてしまうシーンが印象に残ってます。 「ハンナとその姉妹」 3姉妹と彼女達に関わる男達とのアンサンブルが秀逸 ウディアレンの最高傑作なのではと思っております。 「エアポート75」 個人的には前作「大空港」よりも好きで チャールトンヘストンとジョージケネディが出て来るだけで 何故か意味も無く嬉しくなる映画 「大殺陣」 作品全体を包む暗く重苦しい雰囲気が見ていて非常に疲れます でも、そこがまたクセになり個人的には中毒性の高い映画 「パリは燃えているか」 豪華キャストとドキュメンタリータッチの演出が 米国戦争映画とはまた違う味、ラストのヒットラーの怒声

1人がナイス!しています

ftxさん、こんばんは。 こちらこそお世話になっております。 えーと、ずいぶん前に観た映画ばかりなので・・・ 「トリュフォーの思春期」約40年前に名画座で観ました。 好きな映画です。「アメリカの夜」と二本立てでした。 その後ワーナーがつぶれて観れなくなりました。(^_^) 「ハンナとその姉妹」私もアレンの最高傑作だと思います。 オリジナル脚本の完成度がアレン作品の中でも特に高いですし、集大成的な映画でしたね。 「エアポート75」好きでした。 朧気な記憶ですが「大空港」も面白かったです。 どちらも四十年以上前にテレビで観たきりなのでDVDを調べてみます。(^_^)