ID非公開

2021/5/10 18:17

66回答

東京藝術大学を一般入試で受かるか私立の音大を全額免除の特待生で受かるかならどちらがすごいと思いますか? 管楽器専攻

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

東京藝大の器楽科の合格者は、楽器の種類に関係なく上位96名(だったと思う)なので、受験者のレベルが高けりゃ高いほど難しくなりますね。 合格前はともかく、合格してから凄いのは東京藝大ですね、教授陣が私立とは違いすぎます。 今は合格者がいないのでユーフォニアムはありませんが、数年前までは外囿先生でしたよ、今のサクソフォンは須川さんです(マンツーマン)

0

藝大には一般入試以外ないのでは?? ・・・いづれにしろ、入った後が勝負なので、その時点でどうこう、というのは無意味だよ。 ちなみに、特待生だと、その後の活動は、かなりしがらみが強くなるイメージがあるね。。。

>楽器の種類に関係なく上位・・・ 各楽器ごとに定員があります。別科や院生の分も含めて指導教員の人数でその年の学生の定員が決まってきます。そのうえで、器楽科全体の定員前後となるよう人数の最終調整をするケースがまれにある・・・ということだそうで。

0

今の3年のフルートなら、国立の脇坂さん(一浪)と上畠さんの二人と、芸大の齋藤さんの争いですね。 芸大もフルートは7人ほどいますし、そのトップと特待生が同じくらいですね。

1

藝大の管楽器は年によってかなり合格者数が変わります。 例えば次の年の2〜4年はフルートが多いから新1年生(受験者)はあまり取らないでおこう(オーケストラの編成やバランスが主な理由)だとすると、受かるフルート専攻は少ないので倍率も高くなり、受かる=少ない、のですごいと思います。ですが、逆に沢山合格させよう!となると倍率も下がり、場合によっては2倍程度の時もあります。なので年によってかなりばらつきがあり、運も関係してきます。 私立の音大の全額免除はまず学年に1人いるかどうかなのですごいと思います。(主に著名な国際音楽コンクールに上位入賞した入学前から有名な人レベル) 私立の全額免除(都内の国立・東京・武蔵野・桐朋レベル)と藝大の合格者のどちらがすごいかは年によって変わってくると思います。 (今までコンクールには出た事ない無名、けれどとんでもなくすごい人が藝大に入学するかもしれませんし!)

1人がナイス!しています