ID非公開

2021/5/11 23:55

77回答

宇宙人はいるかいないかの事で質問します

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

どちらが正しいとか、間違っているとか、総て二者択一の思考は、時に自身が苦しんだり、辛かったり、ネガティブな迷いに支配されしまうかも知れません。 価値観が違うだけですから、気になさらないのが良いと思います。

0

★国連では、宇宙人と誰が最初に会うかすでに決めています。 https://www.excite.co.jp/news/article/Rocketnews24_48594/ 宇宙人が架空の存在なら、わざわざ国連で決める必要も 無いですからね。 ★我々が住む天の川銀河だけでも36の文明が存在する可能性が あるようです。 銀河系には少なくとも36の知的文明が存在する https://www.businessinsider.jp/post-214824 ★宇宙飛行士も断言しています。 「宇宙人は存在する」 英国初の宇宙飛行士が断言 https://www.cnn.co.jp/fringe/35147657.html 地球人という宇宙生命体が確実に一例存在するのですから 他にもいるのは当然だと思います。 この前 天文学者がテレビで言っていましたが、 宇宙人はうじゃうじゃ居る、いて当たり前だと言っていました。 宇宙の規模、星の数、地球人という知的生命体がいるという事実、 ということを考えれば、他にもいるのは当然という 認識にはなるかと思います。

0

知的生命体のいる確率? 私たち以外の知的生命体は、必ずいる(過去に居た、未来に出てくる)と思います。 https://ja.wikipedia.org/wiki/ドレイクの方程式 しかし、地球の歴史の約50億年のなかで、 人間の歴史は、ほんの一瞬です。 ヒト属(ホモ属)はおよそ200万年前にアフリカでアウストラロピテクス属から別属として分化しヒトの属するホモ・サピエンスは40万から25万年前に現れたのです。 まして、知的思考ができるようになったのはここ数千年にすぎません。 これを考えると、今現在に知的生命体が存在できる確率は非常に小さくなります。 また、同時に地球人と同じ様に進化して、現在の地球人と技術的にコンタクトが取れるかとなると光や電波の通信に限られてしまい、 近隣の恒星系にだけに限られ、確率は皆無と言っていい程に小さくなります。 (時系列考証も必要になります。)

0

科学者の意見では生命が生まれるのもかなり奇跡的なこと、そしてそれが知的生命体になるのは更に奇跡が起こらないといけないとか、そして星の数で言えば凄まじい数の中でも地球なような星があるのはかなり低いらしいです。つまり科学的には中々宇宙人がいるような確率は少ないということですが、現実的に我々が存在するので0ではないです。まあいてるかいてないかは確認しようがないのが現実ですね。少なくとも我々の見える範囲にはいてません。私は何処かに過去や未来には我々のような存在は生まれてるような気がしますけどね。同時期でなくても。地球がいつか無くなったら生命がすべて消えるなんて寂しい感じもしますし

1

かわいくて笑われたんじゃない?

1人がナイス!しています