回答受付が終了しました

日本にいる中国人は日本語で会話はできても読み書きがあまりできないと聞きましたが、本当ですか?

中国語 | 日本語27閲覧

回答(4件)

0

「日本にいる中国人」と言ってもいろいろな人がいます。 高校を出てから日本に留学している人、仕事で来ている人、配偶者として来ている人、仕事で来ている親について子供の頃から日本にいる人など…。日本に来た理由、来た時の年齢、生活の状況(周りに日本人が多いかどうかなど)、性格などによっても違ってくると思います。 私が知っている中国人は主に留学生ですが、どちらかというと読み書きはできるけれど会話は苦手という人が多い印象です。やはり、文を目で見ると意味はだいたいわかってしまうので、目に頼る勉強になりがちで、聞き取ったり、それに答えたりというのが後回しになってしまう人が結構います。 日本語を母語としない人が対象の「日本語能力試験」は筆記試験で、面接試験などはないので、漢字を理解する中国人は有利で、最高レベルのN1に合格できる人もいますが、そういう人でも、会話はそれほど流暢でないということもあります。 漢字を使わない言語を母語とする人の方が、聞いたり話したりの能力がのびるがはやいイメージがあります。ただ、これも人によります。

0

中国人は、漢字多めの文章を読むのが一番楽だそうです。知り合いにも、日本で普通4輪免許を取った中国の人が何人かいます。 会話は簡単なコミニュケーション程度ならそんなに時間掛からないようですが、濁音の付く音など、中国にはない発音はやはり大変らしい。 やはり一番苦手なのが日本語を”書く”事ですね。元々中国の人は文章を書く事自体があまり得意ではないです(字も上手くない)。日本と違い、ひらがなやカタカナが存在しないので、辛うじて(中国語で)文章を書けるようになるのは小学校の3〜4年生位からだそうですから日本と比べるとかなり遅いです。

0

働いてる人なら 日本語検定1級もってるから 書けると思いますよ。 発音は変かもしれないけど、読み書きできます。

2

確かに、同じものを表すのに使う感じが違うということはあるでしょうね。 でも、必ずそうだとはいえないでしょう。日本人よりも漢字表現に詳しい中国人はたくさん居ると思いますよ。 むしろ、最近の日本人は国語能力が低いので、ネイティヴなのに外国人の日本語能力に負けることもけっこうあることです。

2人がナイス!しています