総合格闘技、MMAには多くのアスリートが参加しますが なぜ 中国拳法の達人は参加しないのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

総合格闘技、MMAに参加することにメリットが無い、もしくはデメリットの方が多い。 普通、総合格闘技、MMAに参加する目的としては、金銭、名声を得ること。 あるいは実力の証明、確認等だと思います。 しかし達人ともなれば、金銭には興味が無いか、弟子やパトロン等がいてある程度以上恵まれているか。 名声に関しては、達人ですからその世界では有名人でしょう。 MMAで勝ったところで、一部を除いて、それほど有名になる訳でもありませんし。 実力に関しては、表の試合をしなくても、やりようはあるみたいです。 上海出資のとある老師が、上海時代の武館同士の決闘について話した記事を読んだことがあります。 要はMMAに参加する意義、意味、魅力が無いからでしょう。 後、個人個人の都合と考えですね。

1

ルールに適合しにくいからです。 ですから、逆にMMAの選手が武術太極拳の試合に参加する様な事もありません。

1人がナイス!しています

0

実戦を想定されてないのでは。一種の型を披露する目的かと。

0

ブルース.リーが考案した打投極の全局面での総合的な戦いを想定した 武術体系のジークンドーを矢地が実践してもホベルトサトシソウザさんなどに ボコボコにされたから演武ではいいけど試合では役に立たないからでしょう。