保険を解約して解約返戻金を受けた場合は課税されるそうですが、 これは利益分のみ課税されるのでしょうか?

生命保険50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

シンプルで分かりやすかったです^_^

お礼日時:5/14 21:59

その他の回答(2件)

0

こんにちは。 第一生命消費者志向推進室です。 ご契約の内容にもよりますので、一般論としてではございますが、回答させていただきます。 (本サイトでは個別契約のお問合せには回答できませんので、ご了承ください。) 解約返戻金は、通常、保険料を負担している保険契約者が受け取りますので、その場合は、保険契約者の方の一時所得として所得税の課税対象となります。 ただし、解約返戻金が支払った保険料の総額を下回っている場合は課税対象となりませんが、一時所得はその年に受け取られた臨時収入ですので、他に一時所得の対象となる収入がある場合には課税となる場合がありますのでご留意ください。(貸付金等がある場合には、実際に受け取られる金額と解約返戻金が同一にならない場合もありますので、こちらもご留意ください。) なお、金融類似商品に位置づけられる一時払養老保険等が5年以内に解約された場合は、その差益が源泉分離課税の対象となります。 いずれにしましても、詳しい税務内容や確定申告等の要否につきましては税理士や税務署等へ、個別にお問い合わせいただいたくことをお勧めいたします。 ご参考になれば幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

0

自分で保険料払って解約受け取りなら利益分だけ。 他人が払ってそれをもらう形なら贈与税などあり。