サッカーの中田英寿はフランスワールドカップの頃はトップ下でしたが、ドイツワールドカップのときにはなんでボランチになったんでしょうか?

サッカー | FIFAワールドカップ21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

あまり思い出せないけど、 全盛期の俊輔を使うためには 中田のポジションチェンジは妥当だった。 所属クラブでも普通にやっていたはず。 運動量とボール奪取能力とフィジカルもアリ、 危ない時は汚れたファウルもできる。 中盤の底からの組み立てに使うのは悪くはなかった。 中田がFWやれたら一番良かったけどね。

0

フランスW杯が終わってセリエAペルージャではトップ下でしたが、ローマに移籍した時にトッティがトップ下だったのでボランチでの出場が増えました。後ろから組み立てられるというのでボランチも有りだとなったのではないでしょうか。日韓W杯ではトップしたでしたがドイツではジーコが中村俊輔を高く評価しており、中田も同時に出場させたいからボランチ出場もあったと記憶しています。ただ、ボランチよりもツートップの下に中村右、中田左に配置して布陣の方が良く見た記憶があります。