回答受付が終了しました

5/10(月)産経新聞によると、

原子力災害26閲覧

回答(4件)

0

平成二十五年七月二日 国会答弁 「ロンドン条約は、海洋汚染の原因として、前文のパラグラフ五において、「投棄」と「大気、河川、河口、排水口及びパイプラインを通ずる排出等」を書き分けた上で、ロンドン条約の適用対象を「投棄」に限定し、第三条1(a)において、「投棄」を、「海洋において廃棄物等を船舶等から故意に処分すること及び海洋において船舶等を故意に処分すること」と定義している。」 パイプラインからの排出は投棄には当たらないということのようですね。

(1)ロンドン条約には、「大気、河川、河口、排水口及びパイプラインを通ずる排出等」の記述はありません。この記述は、1982年12月10日の海洋法に関する国際連合条約に記述された文言で、この中で「第207条(陸上の汚染源からの汚染) 1.国は、国際的に合意された規則、基準、推奨される慣行および手順を考慮に入れて、河川、河口、パイプライン、および流出構造物を含む陸上の発生源からの海洋環境の汚染を防止、削減、および制御するための法律および規制を採用するものとします。」とあります。これは陸上からは排出を意識した表現であり、国会答弁も、「ロンドン条約は海洋投棄を規制し、陸上からの放出は範囲外」という趣旨で使っています。 ですが、海洋に伸ばした配管は陸上からの放出とは考えられず、やはり、「その他海洋構造物」として、そこからの排出は規制されていると考えるのが正しいと思います。

0

矢木沢ダム等の「関東の水がめに配管」しましょう。 そんなに安全なら、かつての「福島原発の利用地域(関東地区)の方」に、飲んで貰いましょう。 風評被害による、首都圏離脱者による「一票の格差・過疎化・待機児童」等の問題解決ですね。

0

処理水は有害物質を処理したあとの綺麗な水で廃棄物では無いです トリチュウムは自然界にも普通に存在する物質で除去することは不可能です トリチュウムを問題にするなら中国や韓国、その他世界各国の原発で普通に通常運転で垂れ流している物質です

令和2年7月の経済産業省から出された「ALPS処理水について(福島第一原子力発電所の廃炉対策)」 (https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/osensuitaisaku/pdf/2020/20200701a1.pdf)には、「福島第一原発の敷地外で貯蔵または放出できないのか?」という設問に対して、 「◇沖合での放出は、海洋汚染の防止を目的とする国際条約(ロンドン条約)の中で、廃棄物等の海洋への投棄が禁じられています。このため、沖合まで船舶で運んで放出することは、国際条約違反に当たってしまいます。」と回答しており、廃棄物の海洋投棄を規制するロンドン条約に言及しており、廃棄物ではないという認識ではありません。

1

そんな事は問題にならないでしょう。 官僚は法律の専門家ですので。

1人がナイス!しています

(1)忖度する官僚はだいぶ、質が落ちているようですが。英語ができない外務官僚もいるようですが。 (2)陸上から排出するか、海洋で排出するかでは、全く、意味が異なります。ロンドン条約は国際条約であり、他国への影響が大きい問題について規制しています。陸上からの排出は排出国自体に及ぼす影響が一番大きいわけですから、そこまでは、国際条約は関知しないのでしょう。