すみません。 交通事故を起こしました。とても反省しております。警察がきてお互いにケガがないということで物損事故で処理されました。

交通事故114閲覧

ベストアンサー

0

おっしゃる通りメリット、デメリットで考えると人身事故に切り替えにならない方が自分に有益になるということは理解しています。 職場では正直に相手に軽微な怪我をさせたと伝えていますので、その上で事故証明書とともに顛末書を提出する予定なのですが、事故証明書は物損事故となるため行政処分を受けなかったことを職場がどう考えるのか気になりました。上司からは人身事故にするよう切り替えるべきなんじゃないの?と疑問をいわれました。つまり、翌日に人身事故(両者軽微な怪我)になったと知っておきながら警察には届け出ず物損扱いとしたことについて虚偽申告をしたという職場から厳しい処分を下されるのではないかと思っています。保険会社同士に任せたところ、互いの怪我が軽微であったため警察は物損処理のままで処理されましたという報告で良いか上司に相談してみます。ありがとうございます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

丁寧な回答ありがとうございます。 焦らず保険会社にも相談して適切なアドバイスをいただくことができました。今回の件について深く反省し、今後は安全運転を徹底したいと思います。

お礼日時:5/18 12:42

その他の回答(3件)

0

反省して、相手にきっちり補償するので、会社の報告は物損事故で届出すればいいと思います。上司の意見は理解できかねます。

ありがとうございます。 保険会社にも相談した上で、こちらから警察に伝える必要はないというアドバイスをいただきました。もちろん診断書を保険会社が受理したということは正直に職場に伝えるつもりです。

0

交通事故の過失割合は、過去の判例に従い、事故の状況に応じて基本過失割合が決定し、個別の事情により修正要素が決定します。 今回は転回車と直進車の事故のケースで、基本過失割合は転回車:80、直進車:20、となります。 主な修正要素としては、転回車に合図なし…直進車に-10、転回危険場所…直進車に-10、転回禁止場所…直進車に-20、直進車の15km以上の速度違反…直進車に+10、直進車の30km以上の速度違反…直進車に+20、等です。 直進車の速度超過は相手が認めないかぎり、質問者が証明する必要がありますが、そう簡単には証明できないでしょう。 人身事故に切り替えて見分の際には速度についての検証もあるでしょうが、これも証拠がないと速度超過無しと判断される可能性があります。 そもそも150m後ろについても根拠が不十分ですし、150m後ろに迫ってきてるところ時速20kmで転回したらそりゃ衝突するでしょう、と思いました。相手の速度以前の問題です。 相手の速度超過を証明できないかぎり、相手に速度超過があったのでは?など言わない方が良いです。状況が悪くなる可能性があります。 通常、質問者(加害者側)から人身事故に切り替えてもらうようにお願いすることはありません。人身事故になると加害者側に刑事罰が問われる可能性がありますので、これを何とか回避して物損で済ませるように過失割合で妥協したりするのです。 相手に不都合はありませんが、質問者(加害者側)からわざわざ人身事故に切り替えてもらうようにお願いする必要はありません。 必要に応じて職場への報告を訂正すれば良いでしょう。

0

警察の処理は終了しているのですから、それは保険会社に聞くことでしょう? 何のために高い保険料をはらってるんですか? また、本当に反省しているなら今ある事実を素直に受け入れるだけのことです。何が知りたいんでしょう。言い訳がましく自分の過失を軽くしたいと思ってるだけに感じずにいられません。 考えられるのは、保険会社が変わりに交渉してくれ、あなたの処罰が一番軽くなるような処置をしてくれてると思っていいでしょう。 場合によっては保険を使うことになっただけで、警察から以後呼び出しがなければ行政処分はないでしょう。 その分だけ相手にも処分はないでしょう。 こういうケースはよくあることです。 また、人身事故になっても本当に素直に受け入れるつもりなら、過失割合など気にするところではありません。自分の悪かったとこだけ反省すればいいことで、相手の違反点数が課されるかどうかなんて気にするとこれではないでしょ。 最後の疑問ですが、相手にとって都合悪いことがあるとすれば相手にも何かしら違反処分があるおそれが出てくることでしょう。 そうなれば必然的にあなたには、最低でも5点の点数処分がつきます。 しかしながら、保険会社のいう通りの処理なら物損事故を起こしたというだけで、免許証上は無事故無違反のままです。 質問のような気にしかたは、事故の反省も全く本心でないことを証明しているだけで見苦しく、保険会社が相手と連絡しないようにというのは、それを心配して相手といるんだと思います。