ID非公開

2021/5/17 23:43

55回答

つみたてNISA早めの売却について、

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/5/18 15:27

ご回答ありがとうございます。 ご指摘の通り、①の方は途中で目的が変わっていました。 基本的に老後資金として上限いっぱい積み立てるつもりで考えていたので、 上限に達しない範囲であれば調整できる事に気が付きませんでした!ありがとうございます。 その場合上限のあるつみたてNISAでなく普通のNISAや他の投資の方が良いですよね。 まさにお金少しでも増やすべき、で考えていましたが、たしかに10万100万は誤差、仰る通りですね。 安直によかった増えそうだと考えていたので目が覚めました。 それほど積極的にチェックして売買を繰り返すような生活的余裕はなさそうなので、 つみたてNISAはあくまで積立として考えて、自分でお金を増やす手段についてはまた別に考えたいと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました。 頂いたご回答を元に色々と現状を見てやっと皆様が仰っている事がわかってきた気がします。 身の程をわきまえる事が大事ですね。

お礼日時:2021/11/30 21:28

その他の回答(4件)

0

将来、投資信託が値下がりすると予測できるなら、特定口座でも特定口座でも関わらず売却すべきです。 相場が高い時に売り、相場が安くなったらまた買い、高くなったら売る。これが理想です。 小刻みに(数か月スパンで)相場が上下しながら長い目で見れば右肩上がりであれば、継続保有し続けた方が節税枠を有効に使え、有利かもしれません。 >複利により運用元本が増えるため、将来下落の可能性を差し引きしても少しでも長く運用を続けておいたほうが良い。 これは違います。 投資信託を保有して利益が出るのは投資信託が値上がりするからです。 投資信託が値下がりすれば損失です。 「複利」の意味が分からないまま過大評価してはいませんか。 100万円を年利5%の定期預金で運用すれば1年目に5万円の利益になります。利益を投資すれば(分配金が出ない投資信託なら105万円に値上がりしたまま継続保有すれば)、2年目には52,500円の利益になります。3年目には55,125円の利益で1,157,625円になります。 もし利益を引き出して投資に回さなければ3年後は1,150,000円です。 3年では大した差ではありませんが、20年後や30年後にはけっこうな差になります。 利益が出たらその都度引き出すのは単利運用です。20年で利益は1,000,000円です。 利益を再投資するのが複利運用で、20年で利益は1,563,297円になります。 毎年必ず利益が出る定期預金なら継続保有し投資期間を長くするほど利益は大きくなります。 しかし、相場が上がったり下がったりの投資なら、安く買って高く売る方が利益は大きいです。税金や取引手数料が無いなら毎日のように売り買いしてもいいです。 しかし、素人が「これから上がるだろう」「下がるだろう」と考えたところでその予測が当たるか外れるかはほとんど半々です。相場の予測はプロでも難しいです。 いい加減な予測に基づいて無駄な売買をするくらいなら何も考えずに投資信託を保有し続けた方がかえって利益は大きい。無駄な努力はしないほうがいい。それが積立投資の趣旨です。

0

長期積み立て投資は、細かいことは考えず、粛々と、20年、30年(NISA終了後も)と継続することが資産形成の王道になります。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO67362670W0A211C2I00000/

ID非公開

質問者2021/5/23 17:41

ありがとうございます。 気が短いのでハジメくんの様にならないようにしたい所です。 知識がないのなら市場に居続けろということですね。

0

早めに売って「運用益の非課税扱い」を享受するには、 一般NISA口座で、狙っている銘柄が暴落した時に買い 価格が戻ったら売るのが正攻法ではないかと考えます。 なお、2023年以降に制度の変更があって 一般NISAで100万円以内・積み立てNISA20万円以内を 同時に使えるようになるとのことです。

ID非公開

質問者2021/5/23 17:36

ご回答ありがとうございます。 そうなんですね!!改正の話題だけ目にしていましたが内容までは押さえておらず、初めて知りました。 一般NISAで売買をする事にも興味があったのでとてもありがたい変更ですね。 積立NISAが20万円以内になるのは心細いですが検討の価値ありですね。

0

私はそれで合っていると思います。 利益が出て増えた資産にさらに利益を生ませるということの繰り返しが 複利効果となり積み立て投資で大きく資産を膨らませるポイントだと思うので 私も②が重要だと思います。 ①も投資先がずっと右肩下がりだといくら積み立ててもマイナスになるだけなんで、投資先は上下はあるけど長い目で見たら右肩上がりだろうと信じてやるしかないということで合っていると思います。 下がってる時は安く買えるのでお買い得だったと思ったらよいと思います。

ID非公開

質問者2021/5/18 15:11

ご回答ありがとうございます。 そうですよね、 売却での利益については、上がるも下がるも可能性としては半々であるので、継続的に積み立てることによって相殺するというつもりで考えておけばいいのかなと思いました。 最後下がっていればやっぱり損はするかもしれませんが。