回答受付が終了しました

メンデルの遺伝法則に従えば、顕性の純系と潜性の純系を交配して得られたF1を親の潜性の純系と交配した場合、その子どもの表現型の分離比はどのようになると考えられますか

回答(1件)

0

顕性は昔の言い方で優性、潜性は昔の言い方で劣性です。したがって顕性の遺伝子をA、潜性の遺伝子をaとすれば顕性の純系は遺伝子型AA、潜性の純系は遺伝子型aaで、これらを交配して得られたF1の遺伝子型はAaになり、親の潜性の純系(aa)と交配した場合、その子どもの分離比は Aa×aa → Aa:aa=1:1 になります。 Aaの表現型は顕性、aaの表現型は潜性になるので表現型の分離比は 顕性:潜性=1:1 になります。