火山やカルデラの『破局的噴火』は、全国の原子力発電所にどのような影響を及ぼし、具体的にどのような原子力災害が起き得ますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

原発推進の専門家になると、大好きな大好きな愛してやまない原発様は無敵になり、火山灰も関係無くなるらしいです。 恐るべし原発愛。 原発love様の脳内では、レシプロエンジンもジェットエンジンも火山灰では壊れないものに変化し、火力発電も停止したり、送電網が火山灰でやられることなんて絶対に無いんだー!と、なっているのかもしれません。 全電源喪失も恐くないメルトダウンまっしぐらな原発love様。 ある意味無敵ですね。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございます。

お礼日時:6/8 20:35

その他の回答(2件)

0

鹿児島はいつも噴火していますが、原発には火山灰も黄砂も問題ないです。火力発電のように空気を吸って燃焼させる事が無いからね

1

『破局的噴火』は、活火山が近い場所ならいつどこで起きても不思議ではないため、どのような影響が有るのは誰にも分からないですが、意外に見落とされているのは、停電により原発や再処理工場は、原子炉や使用済み核燃料の冷却が出来なくなるため、原発が有る地域が長時間停電になったら一巻の終わりになるという事です。 もんじゅのようなとんでもない原発を除いて、原発は短期間なら電源無しで冷却出来るECCSがあるので、福島第一原発でも配管等が損傷しなければ大事故が起こらないように設計になっていたのですが、それは今は置くとして、3.11では東北電力管内が全体的に停電にならなかったから、六ケ所村も他の原発も最悪のシナリオを免れましたが、もし3.11で東北電力管内が長時間停電になっていたら日本は終わっていたでしょう。 『破局的噴火』は広範囲で停電をもたらす可能性が有ると思うので、非常に危険な事になる可能性が有り、これは原発を停止していても最悪のシナリオを回避できない事を意味しています。

1人がナイス!しています