回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/4 22:29

55回答

なぜ第二次世界大戦時の空母艦載機は海や空に合わせて青い迷彩にしなかったのですか

回答(5件)

0

うーん、なるほど・・・。。。 謎ですね。 だけど、理由はあると思う。 ドイツの複葉機は多様な色でしたから、日本の自衛隊もカラー色の採用を望みます。

1

海の色は青いとは限りません。 ちなみに艦艇では最終時の空母「瑞鶴」も緑や茶色で迷彩されています。 航空機の場合、昭和16年後半に横須賀航空隊(実験航空隊)で各色の塗装による迷彩効果試験が行われ、その結果、海上で上空からの視認を困難にするため緑色の塗装が導入されたそうです。 また戦争末期には日の丸の白い縁取り、黄色(橙色)の敵味方識別帯も有害なものと認識され、レイテ沖海戦の前には消すように指示が出されていたそうです(そういえば陸軍機に日の丸の白い縁取りはなかったような?)。

1人がナイス!しています

0

陸上を飛んでいるときに目立つから、海にも森にもなじむ深緑にした。 米軍機は海に合わせて青色にしている。

1

ヤギさん(八木アンテナ)に見つかったら色は関係ない(笑)

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/5 16:06

格闘戦する時や対空砲ぶち当てる時はレーダーとか関係ないわ