回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/6 10:50

1010回答

美大受験をしない人でも、受験生くらい熱量をもってしっかり学べるデッサン教室はあるのでしょうか。イラストレーター志望です。

補足

失礼しました!デッサン教室を訪ねているのに地域を言ってませんでした。 東京近郊もしくは関東圏にて、良さげなデッサン教室を探しております。

美術、芸術 | アニメ、コミック217閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

回答(10件)

0

別に美大受験生に混ざって習いにいけばいいと思いますよ。 ただ正直、画力が高い人が稼げる世界でもないです。 ましてや自分の求める絵が需要とイコールするかどうかも… 今の時代、コンスタンスにSNSに上げ続けるほうがよっぽど仕事もらえる可能性ありそうです。

ID非公開

質問者2021/6/11 10:32

ご意見ありがとうございます。 画力や需要の話は重々承知しております!それも覚悟の上での挑戦となります。 可能性がありそうです、というのは、何か根拠があってのことなのでしょうか?それとも、なんとなく、の貴方様のご意見なのでしょうか? 有り余る情報を適切に取り入れるために、 やはり「いま実際にイラストレーターで働いている人」>「実際に美術関連に携わっている人」>「絵描きだがまだアマチュアな人」>「その他特にそういうわけではない一般の方」の順に、大事にする情報を選ばせて頂いています。 失礼を承知の上で、そのような情報の精度を確かめるため貴方様の現在の仕事をぼんやりとでいいので教えていただけると幸いです。

1

美大受験の予備校で良いと思います。 東京なら新宿やお茶の水、池袋、あたりがあります。 お茶の水は確か専門学校も併設されていたと思います。 またイラストレーターになりたいならデッサンは必ずした方が良いです。 理由は マンガ、アニメ系統のイラストレーターは 殆どがグラフィック処理が上手なだけで 実際の絵自体はとても下手だからです。 これはキチンとした美大に行った人なら すぐにわかります。 特にデフォルメする人体の基礎となる骨格や筋肉、重心などに 全く説得力が無い絵が多いです。 これを何百描いても本当には成立しないので 殆どのイラストレーターはヘタウマのような絵で誤魔化しているのが実際でしょう。 最初に誤魔化す事を覚えてしまうと ずっとそれで行くので 気を付けてください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/11 10:39

貴重なご意見・お話ありがとうございます。 骨格、筋肉、重心の話が大事であること、デッサンの重要性について身に染みる想いですが、 「イラストレーターになりたいならデッサンは必ずした方がいい」と仰っているのは、これは貴方様自身がイラスト関連の仕事をしていらっしゃるのでしょうか? ※有り余る情報を適切に取り入れるために、 やはり「いま実際にイラストレーターで働いている人」>「実際に美術関連に携わっている人」>「絵描きだがまだアマチュアな人」>「その他特にそういうわけではない一般の方」の順に、大事にする情報を選ばせて頂いています。 失礼を承知の上で、そのような情報の精度を確かめるため貴方様の現在の仕事をぼんやりとでいいので教えていただけると幸いです。

0

美大予備校で問題ないと思いますよ。 予備校側にしてみたらイラストレーター志望だと言われても返答しようがないだけで、余計なことは伝えずにただ受験レベルのデッサンのみ身につけるコースを選択すれば良い話だと思います。 というか、別にデッサン力はデッサンでしか鍛えられないわけでなし、色彩構成とかやっといて損はないと思いますよ。 最低限お金貰えるレベルのイラストに求められるデッサン力ってものすごく高いわけではないですから、別の訓練が必要と感じるタイミングはどうせすぐに来ると思います。

ID非公開

質問者2021/6/11 10:35

回答ありがとうございます。参考にさせて頂きます。

2

美術予備校に通ってた身の意見です。 個人的には大手予備校の夏期講習や冬季講習などだけでも美大受験生を装って参加した方がいいと思います。自分の知り合いでも28歳で通い始めていた人もいたので年齢の問題はないと思います。注意することは受講するコースはよく調べることです。なぜなら多摩美や武蔵美などのコースはデッサン以外の平面構成という実技試験の対策をするからです。平面構成も色彩の方面では学びがあると思いますが、デッサンを学ぶ時間が少なくなるのでよく考えたほうがいいと思います。 期間限定講習を勧める理由としては基礎的な知識を得るには充分足りるからです。知識さえあれば予備校に通わなくても枚数を重ねれば上手くなるので安く済みますし、合わなくても軌道修正が聞きやすいからです。もちろん予備校に通ったほうが上達速度は早いと思うので受けた上で気に入ったら通い始めるのが良いと思います。 大手予備校をお勧めする理由は講師の質もありますが人数が多いので自分と比較することができる人が多いからです。比較できる数が多ければ多いほど上達速度は早くなります。また、大手予備校には参考作品という、受験生の良い作品をお手本として保存しているところが多いので良いデッサンを見る機会が増えるのも良いです。 あと杞憂かもしれませんが受験生目線だとあの場にいる殆どが美術に真剣に取り組んでいるのでどんな年齢だろうとデッサンが上手くなくても真面目に取り組む人をバカにする人はいないと思うので頑張ってください!応援してます。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/8 19:05

回答ありがとうございます! 学校によって試験が違うから、美大予備校に入るなら自分が身につけたい技術を一番試験に出す学校のコースに入ればいいということですね、なるほど。 期間限定講習、短期集中して正しいデッサンのコツを学べるのはとても大きいですね...有益な情報助かります! 優しいご配慮までして頂きありがとうございます... 回答者様のような方にアドバイスいただけて自分は運がいいです。がんばります。

2

ちょっと探してみましたが、意外とないですね。 以前はもっとあったような気がするんですが・・・。 質問者様の年齢にもよりますが、20歳前後の年齢でしたら、「美大受験をする」という設定で予備校に通ってもいいと思います。 30歳近いとかだと、ちょっと無理が出てくる設定ですが・・・。 まあ、平たく言うと嘘です。 当たり前ですが、美大受験をするつもりで予備校に通っても、途中で辞めてしまう人も少なくありません。 家庭の事情や本人の気持ちが変わり、受験ができなくなる人もいます。 嘘をつくのは心苦しいかもしれませんが、「受験生と同じ熱量」を希望するなら、同じ立場でやるのが一番でしょう。

2人がナイス!しています

>特に人体を操れるようになりたい。イラストという2次元の空間に自由に人物や物体を配置したい 美大用予備校を利用するときの注意点としては、「人体デッサン」はそれほどやらないということです。 受験に出る機会がそこまで多くないので。 ですので、人体に特化して勉強したい場合は、受験用の予備校より、クロッキーを主体にした教室を探した方が良いかもしれません。アニメーターさんの勉強法なども参考になると思います。 予備校でデッサンを学ぶ場合の利点については、最近出たよー清水さんの「絵がふつうに上手くなる本」にわかりやすく説明されていました。後半だったかな。立ち読みでもしてみてください。 デッサンは「立体を線ではなく面で構成する意識」「影と光の意識」がとても重要になるので、立体の意識については確かに鍛えられると思います。