回答受付が終了しました

『絶対音感』は、大人になってからだと、会得できないのですか?それは何故ですか?

回答(14件)

0

たくさん回答がついてますが、まず絶対音感が一体何なのかからバラバrですね。 「何か分からないけどすごい才能」みたいに思っている人とか、生まれつきの才能とか思ってる人いますよね。そもそも才能だったら会得するしないのものではないでしょうに。 私の回答としてはまず、「絶対音感は聞いた音がドレミファソラシのどれか分かる事」とします。この程度の事は、いつから音楽を始めてもいずれはできるようになります。 >聴いた曲を即その場で、ギター、キーボードで弾いてしまいます。これは『絶対音感』が会得していると言うことですか? いいえ違います。絶対音感の定義は上記の通りですが、「楽器等の助けを借りずに」が条件です。楽器を持って行う行動に絶対音感は一切関係ありませんし、不要です。 >耳で取ってのTuning『相対音感』 へー、相対音感ってチューニングすることなんですね。30年以上音楽の世界にいますが初めて聞きました。 >大人になって歳を重ねれば重ねるほど出来なくなりますか?それは何故ですか? 相対音感が何かは一旦おいて、どこかのピアノの調律師の専門学校は確か26歳だか27歳までの入学年齢制限があると聞きました。そこまでが耳を鍛える限界としている、ということでしょう。ただし十分な音感がある人はもう少し猶予されるようですが。 >それは、何歳までですか? これは誰にも証明などできませんが、現実的には頑固な年寄が新しい事を覚えるのは不可能に近いでしょう。 ……という至極当たり前の事です。音楽に限りません。できる人はできるでしょう。

「絶対音感」とは、 トタン屋根に一滴雨粒が落ちた音をピアノやギターで再現できると言う事ではないんですか? 「生まれ持っての音に対しての感性を持っていて」 ピアノやギターの「技術」を習得すれば、 トタン屋根に小雨が降って来ても、表現出来てしまうのとは違うのですか?

0

>絶対音感』は、大人になってからだと、会得できない 絶対音感に限らず、生まれてすぐは 色んな能力が備わっていて、6歳ぐらい までに使わないと、失われると言われて います(諸説あると思いますが)。 瞬時記憶力とかも同様。 そういう能力が大人になっても残って いるのが「天才」なのでしょう。 風景を30秒ぐらい眺めたら、家帰って からでも完璧に絵で再現できる画家とか。 台本を瞬時に写真のように記憶する 俳優とか。

0

大人になってから独学で楽器を始め、聴いた曲をその場で演奏出来る... というのは別に絶対音感ではなく、楽器を演奏している多くの人が可能です。 それは相対音感と言います。 何歳までに会得可能かと言われてもわかりません。 70歳を超えてから楽器を始めて会得した人もいます。 絶対音感に関しては、例えば日時生活でどんな音を聞いてもその音の具体名がわかる...といった具合でしょうか。 これは先天性だけでなく幼少期に鍛えれば会得可能です。 いつまでかはデータを調べてもいないのでわかりません。

0

母国語と二外みたいなもんで変換癖つくかとかじゃね。あと、ピアノとか楽器に触れる機会が既にあるから素直に音だけでイメージできないよね。 みやぞんは楽器の使い方知ってるだけかと。ミラーニューロン発達してる可能性はあるけど(スポーツとかも習得速いし)あれは絶対音感は関係ないはず

0

絶対音感は大人になってからじゃ手遅れですのでさっさと諦めましょう。 相対音感はいつでも誰でも鍛えれば備わります、さっさと習得に邁進しましょう、以上。 理由:被るので遠慮します。

それは、分かっています。 『絶対音感』は、大人になってから習得できないのは、何故なのか?その理由を知りたいのです。 それは、何歳までですか? 「相対音感」の習得、鍛える方法を教えてください