回答受付が終了しました

電気工事士2種技能試験の質問です。 よくスイッチの下に「S」と黒い太文字でありますがどういう意味ですか。 教えてください。

資格261閲覧

1人が共感しています

回答(5件)

0

施工条件を読みましょう。 試験する側が親切に書いてくれてるだけです。 Sのスイッチに非接地線を接続する。って書いてある。 じゃぁ、こっち側の三路スイッチに黒入れたらいいんだなってことです。 まあ、図面右側の三路スイッチに非接地線突っ込んで、左側の三路スイッチから器具に入れても、電気的には正解だけど、配線が余計にかかるから、配られた材料では足らない。 S側に突っ込まないと足りなくなるので、施工条件に入れてある。

0

3路スイッチに書いてある「S」の事でしょうかね?普通のスイッチには書いてないと思う。 3路スイッチは2個使うので電源線(黒)を「S」と書いてあるスイッチの「0」につなぐという事です。電源ケーブル側のスイッチに書いてあると思います。 もう片方のスイッチは「ランプレセプタクル」などの負荷を「0」につなぐ事になります。

0

そんなの見たことありません

試験問題の施工条件として、記載されてるようですね。 ただの記号です。意味はありません。 3路スイッチの使い方を理解してください。 実務上では、どうでもいいことです。

0

詳しく調べた事は有りませんが、電気回路においては電力の供給する側を意味するpower sourceの頭文字「S」でしょう。 三路スイッチでは非接地側(電力供給側)を識別するために記号付与していると考えられます。