教育者として、底辺校を何年もかけて高偏差値校にするのと、 バカな生徒を、勉強できるようにするのは、どちらの方が評価されるのですか?

中学受験 | 高校受験105閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/7 9:03

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:6/9 10:57

その他の回答(6件)

0

そもそも、誰が評価するのかが違う話では?「底辺校を高偏差値校にする」ことができるとしても、それは一人の力ではないと思うし、そのことを評価をするのは卒業生など学外の人だったり、校内の教師などではないですか できない生徒が勉強をできるようにする場合は、評価するのは指導を受けた生徒ですよね。

0

>底辺校を何年もかけて高偏差値校にするのと、 バカな生徒を、勉強できるようにするのは・・ 基本的(理論的)には「同じ」ですよ バカな生徒を勉強出来るようにして「出口」での有名大学進学率を上げないと底辺校から「高偏差値校」にならないからです 何で、入口で「高偏差値」の生徒が入学してくるのか? それは、その学校に入れば、出口で高偏差値の大学に行ける・・つまり、高偏差値の大学に行ける教育をしてくれる・・と親と生徒が思うからなのです しかし、日本での実際の教育は、バカな生徒を出来るようにする学校(教師)は非常に少ないのです 入口で高偏差値の生徒をいかに集めるか?を苦心してるが実情です そういう意味では「違う」と思いますね

0

個人的にはどっちでもないなぁと思います。 メディアなんかでは全く無名でも、その先生の人生が終わったときに、田舎のひなびたお寺に、全国各地から悪ガキから優等生まで、みんなが一目お別れを言いに集結する それこそが、その先生が、一人一人の子供と本気で向き合った証 その列の長さが、そこで交わされる思い出話が、その先生の評価だと、個人的には思います。 あなたが40代50代になって、同窓会のLINEから訃報がながれて・・・それまでぜんぜん忘れていた、恩師との思い出がよみがえる。 それこそがホンモノの評価のある先生 そう思います。

0

高い偏差値にするには塾と取引をすればいいだけです。 偏差値をチョッと高くしてもらえれば、出来る子が入ってきます。 何回かまわしてると、けっこう効果出てきますよね。 評価されるのはタレントになるのが一番です。 そういう先生って、色々といるでしょ。 真剣に教育なんてやっても誰からも評価されないもんです。