ちょっと噂で聞いたんですが、中国の軍事力、要は軍隊は全世界を敵に回しても、互換もしくは上の存在と聞いたんですが、それって本当ですか?

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、回答ありがとうございました、色々、意見あり、勉強になりました、少し安心しました、ありがとうございました( ^ω^ )

お礼日時:6/8 5:53

その他の回答(10件)

1

どこのどなたからその噂を聞かれたのかは存じ上げませんが、残念ながら本当ではありません。実践レベルでは多分中東のイスラエルやイラン、トルコあたりの1ヶ国よりも弱いと思いますよ。 現在、西側陣営が連携を取って中国を囲むようにしてるのは威嚇です。誰もお前の味方なんていないんだぞ回り全員がお前の敵だぞと脅しを掛けているのです。本当に武力衝突になんてなったら速攻で中国は徹底的に叩き潰されると思います。

1人がナイス!しています

1

中国は周囲の国、ロシア、インドなどに軍隊を防衛で置いているので、自由に移動できる軍隊は全体の5%以下しかありません。友好国と妄想している国への防衛軍は存在しません。 中国の対策ではなく、自国の兵士が死なないようにして安全策をしているだけです。中国のように人海戦術ができる国は非常に少ないのです

1人がナイス!しています

2

ある意味では本当です。 アメリカ軍は中国軍より強力かつ多数の兵力を保有しています。 しかし、アメリカ軍は全世界に展開しており極東アジアに限定して言えば自衛隊+米国軍+etcを併せても足りないクラスの戦力(陸海空)を揃えています。 もし有事があれば米国軍が本格的に展開するまではかなり苦戦することになります。 米軍が本格的に展開するまで持ちこたえるにはアジア各国の戦力で頑張る必要が有るので仲良くしとかないと行けないわけです。

2人がナイス!しています

2

国家の軍事力というのは所詮は対外派遣が可能な軍事力で決まります。その点ではアメリカがダントツです。もちろん自軍の強力さもありますが、世界中に同盟国。・拠点が張り巡らされています。一方の中国と言えば、その軍事力のかなりの部分は国内治安用であり、さらにロシアやインドをはじめとする隣国への備えです。さらに世界に同盟国と言えば世界の鼻つまみ者の北朝鮮ぐらいしかいません。まあ対外に長期的に戦闘目的で派遣できる軍事力と言えば、アメリカの百分の一程度でしょう。

2人がナイス!しています