ID非公開

2021/6/8 10:50

11回答

ゲイです。

補足

結局、遺言書の作成は決めました。 パートナーは、子供にはカミングアウトしていないし、今後するつもりも無いようです。 僕の遺産は、遺言書しか、無いと考えています。 不動産類は、信託制度へ。 生命保険は指定人分配。 しかし、老後の財産管理は悩んでいます。成年後見制度でも不正が多いので困っています。

法律相談30閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/14 22:26

ご返信ありがとうございます。 回答者様のおっしゃる通り、確かにボケてからでは遅いので、後見人制度が有るからと、薦められて調べていたら不正が何と多いのかとびっくりしました。 親族には、まだ話していない財産もあります。 親族の9割は、遺産はいらないと言う立派に自立した人ばかりなのですが、残りの1割の人達が、何十年も亡き僕の親から借金していながら親の法事でコロナで全員断っている時に家を値踏みしに来たりして嫌な思いをしました。 本心はパートナーが困らないようにに全部あげたいのですが、親族の中にも親が世話になったりしていましたから、僕が元気な間に回答者様の仰せの任意後見人と、事業縮小、遺言書の作成に、取りかかります。 親族にも相談出来ず、1人でモヤモヤしていました。 過去に優秀な弁護士さんを、友人を紹介しましたのでその事務所に話持ち込もうと、考えました。 簡潔に背中を押して頂きました。 BAと、させていただきます。